タイワンツバメシジミ

 Everes lacturnus

本 土 亜 種  :絶滅危惧IB類(環境省レッドリスト)
名義タイプ亜種・琉球亜種:絶滅危惧IA類(環境省レッドリスト)


本州、四国、九州に分布。農地や道路周辺の荒れ地や河川堤防などの草丈の低い草地に生息。
本州では、和歌山県に分布していたが、すでに絶滅。四国では高知県に生息地が多かったが
現在はほとんど記録されていない。九州でも各地で激減している。南西諸島産は別亜種とされるが、
ここも近年の記録がない。幼虫の餌はシバハギ、ヒメノハギなど。

保全状況
「西海国立公園(平戸島・生月島地域)」では、自然公園法の指定動物に指定され、保全事業が
進められている。その他、長崎県の他地域、宮崎・鹿児島の各県でも調査や保全活動が実施されている。


タイワンツバメの生息地

シバハギ