クロシジミ

 Niphanda fusca

絶滅危惧IB類 (環境省レッドリスト)

 本州、四国、九州に分布。規模の大きいススキ草原や雑木林周辺の規模の小さいススキ草原などに
主に生息していたが、全国的に減少、すでに絶滅した県も多く、特に四国では近年記録がなく
絶滅したと考えられている。ススキやコナラ、マツなどに産卵し、幼虫はクロオオアリの巣で生活する。

保全状況
大分県:「指定希少野生動植物」。福井県和泉村:「自然風物保護に関する条例」による保護対象。


クロシジミの生息地

クロオオアリとススキに産卵されたクロシジミの卵