ゴイシツバメシジミ

 Shijimia moorei

絶滅危惧IA類 (環境省レッドリスト)

本州(奈良県)および九州(熊本・宮崎県)に分布。渓流沿いの原生林に生息しているが、
森林の伐採・植林等によって生息環境が悪化。現在、確実に生息しているのは熊本県内の
数ヶ所のみである。幼虫の餌は着生植物のシシンラン。

保全状況
国指定天然記念物。「種の保存法」の「国内希少野生動植物種」。
奈良県では環境省により、熊本県では林野庁九州森林管理局により、保護管理事業が実施されている。
九州の生息地の一部は国有林に含まれ「特定動物生息地保護林」となっている。
熊本県では、保全団体による調査や保全活動が実施されている。