オオウラギンヒョウモン

 Fabriciana nerippe

絶滅危惧IA類 (環境省レッドリスト)

 本州、四国、九州に分布。採草地などの規模の大きい草原や農地周辺に生息していたが管理放棄による
草原環境の変化によって激減。本州全域に生息していたが、現在は山口県の秋吉台のみ、四国では絶滅、
九州では、自衛隊の演習場などを中心とした大規模な草原に現在見られる。幼虫の餌はスミレ、ツボスミレなど。

保全状況
熊本県:「特定希少野生動植物種」。大分県:「指定希少野生動植物」

生息地である大規模な草原(山口県秋吉台)