ヒョウモンモドキ

 Melitaea scotosia

絶滅危惧IA類 (環境省レッドリスト)

本州に分布。湿性草原が主な生息地であり、湿地や大規模な草原、農地周辺の類似した環境に生息していた。
過去には14県から記録されているが、各種開発、管理放棄による草原環境の変化によって激減、現在残っているのは広島県のみ。
幼虫の餌はタムラソウ、キセルアザミなど。

保全状況
広島県では、「ヒョウモンモドキ保護の会」ほか多くの団体が協力し、保全活動が実施されている。

生息地である放棄水田の湿地

湿地に生えるキセルアザミ

タムラソウを食べる夏期の幼虫

キセルアザミを食べる春の幼虫