その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • フィッシング・ファックス!?

    Posted on 12 月 13th, 2008 藤井 恒 No comments

    私の場合、ネット上に公開しているメールアドレスがあるため、
    怪しげな電子メールが毎日のように届きます。
    数年前までは、ウイルスメールがたくさん届きましたが、
    ここ数年はウイルス対策をメールサーバ側でもしているため、
    ウイルスメールが届くことはほぼ皆無になりました。
    しかし、SPAMは相変わらず山のように届きますし、
    いわゆるフィッシングメールも時々届きますが、
    今日はなんとフィッシングファックスがスイスのベルンから
    届いて
       びっくり!!
    自宅のファックス番号も公開したことがあるので、
    あり得るとは思っていましたが、
    海外からファックスが送られてくることは
    ないだろうと思っていたのが間違いでした。
    内容は、電子メールで時々送られてくるパターンと
    同じなので(英文です)、一件してすぐにわかりましたが、
    美味しいことが書いてあるので、
    英語圏の人の中には、だまされる人もいるんでしょうね。
       ・・・海外にたくさんファックスを送る経費を差し引いても
          儲かる・・・んでしょう、きっと (^_^;
    そのうち、日本語で同じことをやる詐欺師が現れるのでは
    ないかと、危惧しています。
    みなさん、美味しい話に騙されないよう、
    くれぐれも注意して下さい。

  • 大阪のおじさん、おばさん・・・モラルという言葉はないの?

    Posted on 11 月 19th, 2008 藤井 恒 No comments

    今日はJR大阪駅の喫茶コーナーで軽い食事をしましたが、
    このお店はセルフサービスなので、
    事前に自分の席を確保してから、
    カウンターで注文や支払いをしなければいけません。
    今日も混雑していましたので、
    カバンからファイルを1つ出して、
    テーブルの上に置いて席を確保し、
    支払いを済ませて席に向かうと、
    なんと「おじさん」が平然と席に座っているでは
    ありませんか?
    2人用の席ですが、もう一つの椅子にも
    そのおじさんの連れ合いとおぼしき人の荷物が
    おかれていて、
     「何で人がキープしている席を取るの?」
    と言っても、知らん顔。
    全く、大阪の「おじさん」は何を考えているのやら。。。
    実は、この店では時々こういうことがあって、
    1か月ほど前にも、はっきりわかるように
    席に荷物をおいてあったにもかかわらず、
    おばさんが平然と席をとって座っているという
    ことがありました。
    この時も、このおばさん、謝罪の言葉も何もなく、
    ただ黙っているだけ!
    全く、大阪の「おじさん」や「おばさん」には、
    モラルという言葉はないのでしょうか?!
    怒る以前に、あきれ果てて、言葉を失ってしまいます。
    こんな困った人は、もちろん、少数ではありますが、
    他の場所でこんな人に会うことはまずありませんから、
    大阪はやはり特殊なのだと思います。
    大阪府の橋本知事は、教育に力を入れると仰っていますので、
    大阪のおじさん、おばさんの「道徳教育」にも、
    ぜひ、力を入れて欲しいものです!

  • 信号無視した阪急バス!!

    Posted on 11 月 8th, 2008 藤井 恒 No comments

    今日の夜9時45分すぎ、いつものようにJR長岡京駅東口から、
    自動車で帰宅しようとしていたところ、
    スクランブル交差点の手前を若干塞ぐような形で
    停車しているちょっと困った乗用車。。。
    前を走っていた阪急バスがクラクションを鳴らしたかと
    思うと、その乗用車をよけるように右車線にはみ出して、
    交差点に侵入していきました。
    でも、スクランブル交差点の歩行者用信号が青ですから、
    当然、自動車用信号は赤! ・・・完全な信号無視!!
      おぃおい、バスなのになんて運転をするんだ!
    という私たちの声が聞こえるハズもなく、
    バスは運良く歩行者がいなかった交差点を通過して、
    国道171号方面に走り去っていきました。
    変な駐車の仕方をしていた乗用車もダメですが、
    信号無視した阪急バスは論外!!
    阪急バスの社員教育は、いったいどうなっているのでしょうね??

  • 危険なタクシー

    Posted on 10 月 24th, 2008 藤井 恒 No comments

    昨夜、雨の中、自宅へ自動車で向かう途中、
    私の前方の「右車線」を
    中高生くらいの4人組が自転車で半分くらい車線を塞いだ状態で
    私と同じ方向にゆっくり走っていましたところ、
    対向車線の前方からタクシーが接近してきました。
    タクシーが走っている車線の半分近くを自転車が塞いでいたので、
    私の車と安全にすれ違うためにはタクシーは止まるしかないので、
    当然、減速して止まると思っていたら、
    なんと、大きなクラクションを鳴らして、スピードもあまり落とさず、
    自転車がいる方法へそのまま走ってきました。
    危険なので私はブレーキを踏んで、左側によけましたが、
    タクシーに向かって思わず、
      「おまえ、それは違うだろう!」
    と叫んでしまいました。
    事故にならなかったからよかったようなものの、
    タクシーと自転車が接触事故を起こしていたらと
    思うとぞっとします。
    右側を走行して車道の半分ちかくを塞いでいた
    自転車もいけませんが、自動車は凶器ですから、
    たとえ負傷者が出なかったとしても、
    あのタクシーの運転は、明らかに危険運転だと思います。
    暗くてタクシー会社もナンバーも分かりませんでしたが、
    まったく呆れたタクシー運転手です。

  • 相撲力士の薬物汚染!!

    Posted on 9 月 2nd, 2008 藤井 恒 No comments

    元幕内若ノ鵬の落とした財布から大麻入りのタバコが発見されて
    大麻取締法違反容疑で逮捕され、
    日本相撲協会から解雇されたばかりだが、
    今度は、日本相撲協会が抜き打ちで行った尿検査で、
    2人の幕内力士が大麻の使用した可能性が高いことが
    わかったらしい。
    日本相撲協会の不祥事は、今に始まったことではないが、
    これでは、また相撲離れが加速するのは避けられないのでは
    なかろうか。
    なお、今回の件は、外国人力士が起こした問題だが、
    日本人の力士や親方も、いろいろ不祥事を
    起こしてきたことは、しっかり覚えておこう。
    外国人力士バッシングにならないことを祈りつつ。

  • 茨城県国民健康保険料団体連合会の職員による10億円の着服事件の呆れた記者会見

    Posted on 4 月 23rd, 2008 藤井 恒 No comments

    茨城県国民健康保険団体連合会の職員が、

    10億円を着服したことが、昨日のニュースで報道されていた。
    この職員は着服したお金を競艇に使ったと話していたというが、
    3年間で10億円ものお金を銀行口座から
    引き出されていたにも関わらず、
      この男性が上司に宛てた手紙を見るまで、
      全く気づかなかった
    という、信じられない説明を
    連合会の記者会見でやっていた。
    記者会見では、
      この男性を信じ切っていた・・・
    などとも説明していたが、
    こんな言い訳は通らない。
     10億円の賠償はこの男性に求めることになるが、
     全額回収することは難しいと思う
    とも言っていたが、
    記者会見にのぞんでいた役員や上司にも、
    管理責任があることを忘れているような会見で、
    ことの重要性を本当に判っているのだろうかと
    疑念を抱かざるを得ないものだった。

  • 新年早々・・・信号無視する車ども

    Posted on 1 月 1st, 2008 藤井 恒 No comments

    今年もいつものように
    長岡天満宮に初詣に出かけたのだが、
    その帰り道、
    赤信号を無視をして走り去る自動車を2台も続けて
    目撃してしまった。
    1台は、前を走っていた乗用車で、
    点滅信号が赤になったのに、
    まったく気づかずに行ってしまった。
    「何だ、あいつは、酒でも飲んでるのか」と思いながら、
    歩行者が渡るのを待っていると、
    今度は後方から走ってきた黒っぽいワゴン車が
    かなりのスピードで右車線を走り抜けていった。
    この車は、前方の信号も無視して走り去ったので、
    ひょっとすると警察にでも追われていたのかもしれない。
    横断歩道を渡る歩行者もいたので、
    事故が起こらなかったのは
    幸いだったが、
    正月早々、危険運転を2台も続けてみるとは
    思ってもみなかった。

  • 偽装サイトに注意を!

    Posted on 12 月 30th, 2007 藤井 恒 No comments

    ここ数日、下記のようなメールが多く届くようになった。
    eturn-Path:
    X-Original-To: ****
    Delivered-To: ****
    ****
    Received: from ebr ([61.89.60.119])
    by ABTS-NCR-Dynamic-249.235.163.122.airtelbroadband.in (8.13.2/8.13.2) with SMTP id lBUBYZvt058813;
    Sun, 30 Dec 2007 17:04:35 +0530
    Message-ID: <000901c84ad7$71a6ccc0$773c593d@ebr>
    From:
    To: *****
    Subject: A New Year 2008 song
    Date: Sun, 30 Dec 2007 17:00:56 +0530
    MIME-Version: 1.0
    Content-Type: text/plain;
    format=flowed;
    charset=”iso-8859-1″;
    reply-type=original
    Content-Transfer-Encoding: 7bit
    X-Priority: 3
    X-MSMail-Priority: Normal
    X-Mailer: Microsoft Outlook Express 5.50.4131.1600
    X-MimeOLE: Produced By Microsoft MimeOLE V5.50.4131.1600
    A new beginning in the New 2008 Year
    http://familypostcards2008.com/
    ↑のサイトをクリックすると
     Your download should begin shortly. If your download does not start in approximately 15 seconds,
    you can click here to launch the download and then press Run. Enjoy!
    という表示が出てくるが、click hereの部分をクリックして
    個人情報などを書き込むと悪用される危険性が高いので、
    注意してください。
    ★送信者やメールのタイトルはいろいろなケースがありますが、
     本文は大体同じような感じです。

  • ホテルの部屋を間違えた人が!

    Posted on 11 月 21st, 2007 藤井 恒 1 comment

    昨夜はいつものように広島のホテルグランビアに宿泊していたのだが、
    深夜12時過ぎに、部屋のカギを開けようとする音が。
    時々、酔っぱらった人などが、部屋を間違えて開けようとすることが
    あるので、「またか!」と思ってほっておいたのだが、
    自分が部屋を間違っていることになかなか気づかないらしい。
    外には2人いるようだが、「おかしい。係に電話しよう」などと叫んでいる。
    そして、部屋のチャイムを「ピンポン、ピンポン」と喧しく鳴らし立てる。
    さすがに、怒鳴りつけてやろうかと思って、
    除き窓から外を見ると、
    中年の男性と若そうな女性が経っている。
    ドアを開けて注意しようかと思ったところで、
    女性が部屋の番号が間違っていることに気づいて
    立ち去ったのだが、まったく、迷惑な人だ。
    見た感じ、泥酔しているようでもない。
    カギが開かなければ、まず、自分が間違っていることを
    疑うべきだし、第一、夜中であることを考えれば、
    チャイムを鳴らすなど言語道断だ。
    と、少し寝不足な私なのでした。 (T_T)

  • 車道を逆走する「怖い者知らず」の自転車!

    Posted on 10 月 19th, 2007 藤井 恒 No comments

    今年も、韓国からの留学生に生物を教えるために、
    京都大学へ行っているのだが、今朝、京都市内で
    「怖い者知らず」の自転車を目撃した。
    同志社大学の前のバス停で、私はバスを待っていたのだが、
    今日は雨ということもあり、バス停周辺の歩道は、バスを
    待つ人で一杯になっていた。また、バスもたいへん混雑しており、
    バス停の手前でタクシーを止める人も目立った。
    今出川通りの車道は片側二車線になっているのだが、
    その車道をかなりのスピードで逆送する自転車が。。。
    「えっ」と思って見ていると、タクシーが止まっていたため、
    対向車(もちろん自動車)が近づいているにもかかわらず、
    タクシーをよけて、車が来ている車道側に少しはみ出しながら、
    スピードも落とさず、すり抜けていった。
    タクシーの後ろの車も動きだそうとしていたから、
    見ていた私の方が、「あっ、ぶつかる!」と肝を冷やした。
    自転車に乗っていたのはサラリーマンとおぼしき男性。
    年は、20代半ばくらいだろうか。よほど急いでいたのだろうが、
    あれで事故が起こっていたら、本人の命の危険もあるし、
    巻き込まれた自動車の運転手も災難だ。
    まったく、何を考えているんだろうか?