その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • マスクに予防効果なし・・・という新聞記事への疑問

    Posted on 5 月 24th, 2009 藤井 恒 No comments

    琉球新報で、インフルエンザに関連して

    新型インフル マスク過信禁物 症状ない人には予防効果なし  5月24日

    という記事が配信されています。他にも、似たような記事を載せている新聞もあるようで、

    インフルエンザに感染している人がマスクをするのは、他の人にうつさないという効果があるが、
    感染していない人がマスクをしても、予防効果はない

    という主張をしています。でも、これって、昔の考え方なのではないかと思います。

    まず、インフルエンザに感染している人は、極力外出をしないこと、特に人がたくさんいる場所には行かないことが、感染を拡大させないために最も重要なことで、症状が出ている人が人混みに出て行けば、マスクをしていても周囲の人が感染するリスクは非常に高くなるでしょう。

    また、本人がインフルエンザと気づいていない場合も少なくない訳で、自覚症状がないまま、人混みに出て行けば他の人に、インフルエンザをうつしてしまう可能性がある訳です。実際、今、国内で流行しているインフルエンザは、そういう形で感染が広がったのではないでしょうか?

    簡易検査で陰性なのに、後から新型インフルエンザに感染していたことがわかった例も少なくないことにも、注意を払うべきでしょう。

    前に何度か書いたことがありますが、鼻や喉の粘膜の粘液中には、感染を防ぐ効果がある酵素やIgAという抗体が含まれていますから、マスクをして鼻や喉の乾燥を防ぐだけでも、インフルエンザの感染リスクを減らすことはできるハズです。

    というわけで、マスクをしないよりは、マスクをした方が、自分自身が感染するリスクを減らすこともできるでしょうし、自分では気づかないまま他人にインフルエンザをうつしてしまうリスクを減らすことができるのは確かだと思います。

    もちろん、マスクの使い方が悪ければ逆効果・・・ということもあり得ますが、だからといって、

    公的な機関やマスコミが「マスクをしても無駄」といった情報を流すのは、
    間違っていると思います。
  • NHK プレミアム10  「サウンド・オブ・ミュージック マリアが語る一家の物語」

    Posted on 2 月 6th, 2007 藤井 恒 No comments

    昨日、2月5日の夜、たまたまつけていたNHK総合テレビのプレミアム10で、
     「サウンド・オブ・ミュージック マリアが語る一家の物語」 を放送していた。
    最初、仕事をしながら、チラチラと見ていたのだが、
    映画「サウンド・オブ・ミュージック」のモデルとなったマリアさんとトラップ一家の実際の波乱に満ちた生活を
    一家の次女マリアさん(92歳)のお話なども交えながら紹介するものだった。
    母マリアさんは、映画の主人公マリアと同じ、陽気で前向きな素晴らしい女性だったことも
    わかったが、映画以上に人間として素晴らしく、ご家族も本当にステキな人たちだったという
    ことがよくわかって、番組につい見入ってしまった。
    いい番組を見せてくれて、ありがとう!

  • 災害現場で繰り返されること

    Posted on 10 月 10th, 2005 藤井 恒 No comments

    災害現場で 毎回のように繰り返されることだが、
    パキスタンの大地震の取材映像でも、また同じことが。。。
    必死でがれきの中に埋もれている人を救助しようとしている様子を
    撮影していたカメラマン(or 記者)に対して、
     「必死で助けようとしているのに、おまえ、よくカメラを回せるな!」
    報道も大事だが、さて、人命救助と報道とどちらが優先されるべきか。
    答えは明白ではないだろうか?

  • News Bird・・・今度はアライグマの困った報道

    Posted on 8 月 14th, 2005 藤井 恒 1 comment

    先ほど、流れたTBS系のCSニュース番組News Birdで、
    「可愛い動物がやってきます・・・」とやっているので嫌な予感。。。
    案の定、写っていたのはアライグマの親子。
    夜になると、森から出てきて、与えたビスケットを食べています。
    ときた。
    まったく、アライグマを駆除しなければいけないご時世に、
    視聴者に「かわいいアライグマに餌をやるのがよい行い」と
    思わせるような 報道はやめて欲しいものだ!

  • アスベストの不法投棄:京都府和東町 じゃなくて、和束町です

    Posted on 8 月 14th, 2005 藤井 恒 1 comment

    京都府和束町の山中でアスベストが不法投棄されているのが見つかって、
    京都府などの職員が撤去作業をしたことが、テレビのニュースなので報道されていたが、
    TBSのニュースでは、字幕が「和東町」と間違って表示されていた。
    その後も、TBS系のCS放送のニュースチャンネルNEWS BIRD
    繰り返し放送されているが、字幕はず~っと「和東町」と間違ったまま。
    普通なら、すぐ気づくはずなのに、1日近く、ず~っと間違ったままというのは、
    報道機関としては チト 恥ずかしいのではないだろうか?

  • 報道後の困った連鎖反応

    Posted on 4 月 29th, 2005 藤井 恒 2 comments

    JR福知山線での事故は、106人もの尊い命を奪う大惨事になってしまった。各テレビ局では、いろいろな角度から事故原因を検討する報道特別番組が放送され、事故の惨状が繰り返し放映されている。その惨状を見る度に、思わず涙が出そうになってしまう。
    その一方で、事故後、関西ではJRや私鉄の線路に置き石とするいたずらが、増えているらしく、鉄道に遅れが出ている。JR福知山線の事故に関連して、置き石があった可能性があるという報道がされてから、増えたようだ。報道後にしばしば起こる模倣犯的ないたずらだと思うが、「置き石では普通は脱線しない」と繰り返し報道されていることも影響しているのではないだろうか。通常は脱線しないように対策がされていても、絶対に脱線しないという訳ではないし、今回の事故のようにスピードが出ている状態で置き石を踏めば、脱線転覆事故の原因にもなりかねない。置き石をしている人たちは、軽い気持ちでやっているのかもしれないが、決して許される行為ではない。警察には徹底的に捜査して、摘発して欲しい。

  • 久米宏さんと視聴率

    Posted on 4 月 19th, 2005 藤井 恒 No comments

    ニュースステーションやめて話題になった久米 宏さんが、この4月から日本テレビの「A」という番組で、
    レギュラーとして復活されたが、17日の初回の視聴率が9.3%と振わなかったとして、
    早速、ニュースのネタにされていた。
    私のように、頻繁にチャンネルを変える人も多いとハズなので、
    視聴率というものがそもそもどのくらい信用できるものなのか、
    疑問もあるし、たかが1回の視聴率で大騒ぎをすることもあるまいと思うのだが、
    そういう訳にもいかないのだろう。
    そういえば、昨日はライブドアとフジテレビの和解も発表されたが、
    取材で株価下落について質問されたライブドアの堀江社長が
     株価はいろいろな要因で上がったり下がったりするものだから、
     あんまり下がった下がったと言わないで下さいよ
    という主旨のことを記者に向かって、むっとして答えていた。
    久米さんも、同じことを言いたい心境なのかもしれない。