その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 星野JAPAN はダメだったけど、韓国の「金」は素晴らしい!

    Posted on 8 月 24th, 2008 藤井 恒 No comments

    北京オリンピックの野球は、日本はアメリカにも韓国にも負けて、
    結局、4位に終わりましたが、予選の戦いを見ていると、
    まあ、順当な結果だろうと思います。
    決勝戦では、キューバが勝つと予想していましたが、
    何と、韓国が予選から全試合に勝って、
    金メダルをとりました。
    9回裏、1アウト満塁になったときに、
    ボールの判定に抗議したとみなされたキャッチャーが
    退場させられるというハプニングがあったにも関わらず、
    しっかりダブルプレーで金メダルを勝ち取ったのは
    スゴイと思います。
    きっと、韓国では大騒ぎなんでしょうね。
    おめでとう ございます!

  • 日本のソフトボール女子は す・ご・い!

    Posted on 8 月 21st, 2008 藤井 恒 No comments

    北京オリンピックのソフトボールで、
    日本の女子チームが念願の金メダルをとった。 
    まずは おめでとう ございます \(^o^)/
    しかし、それにしても、昨日から3試合を連投した
    ピッチャーの上野由岐子さんには、脱帽 m(_)m
    昨日の2試合は延長戦で、結局、3試合分投げているから、
    実質、4連投したのと同じ。
    昨日の試合もピンチがいっぱいあったにも関わらず、
    粘りのピッチングで球威がほとんど衰えなかったのもすごい。
    他の選手も最後まであきらめることなく、
    最後にアメリカを破って金メダルをとったのは、
    本当に素晴らしいとしか、いいようがない。
    あの姿勢は、見習いたいものだ。

  • 北京オリンピックが開幕して、ネットアクセスが減少?

    Posted on 8 月 10th, 2008 藤井 恒 No comments

    北京オリンピックが開幕しましたが、あの開会式は
    すごかったですね。
    聖火台に点火した李寧さんは、すばらしい体操選手でしたが、
    中継をしていた人たちは、若くて、わからなかったみたいでした。
    最初と最後の花火もすごかったですが、
    もっと驚いたのは、
     ヨウ化銀を入れた小型ロケットを
     雨雲に打ち込んで、会場に雨雲が到達する前に
     雨を降らせて、開会式の間、雨が降らないようにした
    と報道されたことでした。
    ところで、北京オリンピックが始まってから、
    私が管理している複数のWEBサイトへのアクセス数が
    急に減りました。
    きっと、ネットよりテレビでオリンピック関連番組を
    見ているのでしょうね。

  • 山形蔵王の樹氷見物を兼ねて滑ってきました!

    Posted on 3 月 7th, 2008 藤井 恒 No comments

    3月4日~6日まで、山形蔵王へスキーに行ってきました。
    蔵王へは、ここ数年、夏にアサギマダラの調査に行っていますが、
    スキーをしに来たことがありませんでした。
    昨年は、志賀高原の横手山で樹氷の間を滑りましたが、
    樹氷といえば、やはり蔵王や八甲田が有名です。
    青森には大学生時代に4年いましたが、
    八甲田ではスキーをしたことがありません。
    そこで、今年は、蔵王の樹氷をみるために、
    京都からは遠いことは覚悟の上で、
    蔵王へスキーに行くことにしました。
    ガソリン代が高いのがつらいところですが、
    ETCを利用すると、高速料金のしんや割引が
    4割引きになったので、少しだけ交通費が
    節約できました。
    京都からだと、途中の休憩を入れて、
    11時間ほどかかりますので、
    初日は元気な長男がナイタースキーをしただけで、
    私たちは5日と6日の2日間だけ滑りました。
    5日の午前中は天候もよく、樹氷もかなりきれいに
    みることができましたが、午後からは、霧が出たり、
    雪が降ったりで、かなり寒かったですが、
    気温が低かったせいで、どのゲレンデも雪の状態は
    最高で、気持ちよく、滑ることができました。
    2日間で、ほぼすべてこコースを滑りましたが、
    初級~中級者向けのコースが大半で、
    きれいに圧雪されている斜面が大半なので、
    八方尾根などに比べると、気楽に滑れるスキー場でした。
    八方尾根などは、ベースの標高が低いこともあり、
    下の方へ雪の状態が悪くなっていることが少なくありませんが、
    今回の蔵王は、3月だというのに、粉雪j状態で雪質がとてもよく、
    山形市や仙台市など、近くに住んでいる方がとても
    うらやましく思えました。

  • 冬の山をなめるな

    Posted on 2 月 4th, 2008 藤井 恒 1 comment

    このところ、冬山やスキー場での遭難や雪崩による事故が頻発している。
    長野県栂池高原スキー場では、愛知大学のスキー実習中に
    立ち入り禁止区域に入った先生と学生が雪崩に巻き込まれ、
    うち2人の学生が亡くなるという事故が起こった。
    引率していた非常勤講師の会見をテレビニュースで見たが、
    立ち入り禁止のロープを2回も無視して林間コースに入り、
    雪崩に巻き込まれてしまったという説明は、
    まったく考えられないことで、呆れてものも言えない。
    危険だから立ち入り禁止になっているわけで、
    いい年をした先生が、それを無視して学生を連れて入るなど、
    言語道断だ。今後、刑事責任も問われるだろうし、
    損害賠償を求める民事訴訟が起こるのは必至だろう。
    一方、広島県の恐羅漢山では、スキー場の臨時職員2人を含む
    男性7名がスノーボードをすると言って山に登ったまま、
    行方不明になっている。ここは、私が中学まで育った旧吉和村
    (現廿日市市吉和)に隣接するところで、比較的雪が多い地域だ。
    冬山の遭難事故も稀に起こってはいるが、7名もの人が一度に
    遭難した例はなかったと思う。
    スノーボードのベテランだと報道していたが、
    日帰りのつもりで十分な装備をしていたわけではないようなので、
    道に迷ったり、雪崩に遭って動けなくなってしまったのだとすると、
    かなり危険な状況に陥っている可能性が高いように思う。
    気象条件が良いときの冬山は見通しもよく、
    スキーをしたり、景色を眺めたりするととても気持ちがよいが、
    ひとたび天候が悪化して、吹雪になったりガスがかかってしまうと、
    周囲が白一色になって、方向感覚がまったくなくなってしまう。
    こんな時、下手にスキーやスノボで滑り降りると、とんでもないところに
    迷い込んでしまうことなる。
    そうなる前に下山することはもちろん、天候が悪化しそうな時は、
    山には入らない勇気を持ちたいものだ。

  • 女子サッカー ワールドカップでイングランドと引き分ける!

    Posted on 9 月 12th, 2007 藤井 恒 No comments

    女子サッカーのワールドカップの1次リーグA組の日本は、
    イングランド試合を行い、2―2で引き分けた。
    試合はテレビで時々見ただけだが、
    イングランドにかなり押されていたように見えた。
    ところが、後半、宮間選手がFKをゴールにたたき込み、
    日本がまず1-0でリードした。しかし、その後、
    イングランドに2点をとられて逆転され、やはり負けたかと思った
    後半ロスタイム(たぶん、15秒くらいしか残っていなかった)に、
    いい位置でファウルをもらい、宮間選手がまたも見事な
    FKをゴールに直接入れて、2-2で引き分けた。
    決定力不足の男子も、この粘りを見習って欲しいものだ。

  • カープがタイガースに勝ち越し?!

    Posted on 9 月 12th, 2007 藤井 恒 No comments

    今夜は仕事で広島のホテルに宿泊しているのだが、
    昨日、ホテルに着くと入口に人だかりができていて、
    どうしたのかと思ったら、阪神タイガースの選手が宿泊しているらしい。
    私は広島出身なので、当然のように広島東洋カープのファンなのだが、
    最近は忙しいこともあり、野球への関心が少々薄れ気味で
    カープの試合の日程などはチェックしていないし、テレビで試合を見ることも
    あまりなく、夜のニュースで、「今日も負けたのか (T_T)」などと
    ため息をつくくらいだから、この人だかりをみて、
    広島市民球場で試合があることを知った。
    夜、仕事から帰ってホテルに戻り、夕食を食べてエレベータに乗ると
    トラファンの「お姉さん」たちが3人。。。
    「今日は、10連勝しているとは思えない、酷い試合やったね。」
    「ほんま、ボロ負けや。」
    「あんな試合、恥ずかしいわぁ。」
    と話しておられた。
    今日は、カープが勝ったのかなと思いつつ、
    部屋に帰ってチェックすると、なんと、9-0でカープが勝っているではないか。
    しかも、広島の対阪神戦の勝ち越しが決まったのだという。
    (6年ぶりだそうだ)
    その昔、広島が弱かった頃、巨人戦にだけはガンバッテ勝利を
    おさめていた頃を思い出してしまった。
    広島で育ったよい選手は、次々にお金のある球団に
    引き抜かれてしまうから、Aクラスにすらなれない状況が
    続いているのも、やむを得ないところもあるとは思うけれど、
    いつも下位にいては、元気がでない。
    来年は、優勝争いに顔くらいは出せるチームになって欲しいなぁ。。。

  • アジア大会でのイラクの優勝

    Posted on 7 月 30th, 2007 藤井 恒 No comments

    アジア大会の決勝のサウジアラビア vs イラク 戦は、
    イラクが 1-0 で優勝を飾った。
    日本 vs 韓国 戦と違い、ボールの動きが速い試合で、
    なかなか見応えがあったし、試合を決めたシュートも素晴らしかった。
    戦争や自爆テロで疲弊しているイラクでは、
    つかの間のお祭り騒ぎとなったようだ。
    祝 初優勝!!

  • あれじゃ、日本は負けて当然! 韓国はエライ!

    Posted on 7 月 29th, 2007 藤井 恒 No comments

    アジア大会の3位決定戦 日本 VS 韓国 は、
    韓国選手が1人退場、監督やコーチも退席させられるという
    荒れた試合になったが、日本はなかなか韓国のペナルティエリアに
    入って攻撃をしないし、シュートもことごとく外し、
    結局、延長戦になった。
    しかし、延長戦に入ってからは、つまらないパスミスなどが目立ち、
    いつまでもゴールを決められず、PK戦になった。
    日本のあまりに情けない戦いぶりに対し、
    韓国選手の負けないぞ! という根性は素晴らしい。
    PK戦になれば、日本が負けると思ったが、
    案の定、韓国に5-6で敗戦した。
    今回のアジア大会の結果は、選手よりも、
    オシム監督の戦術に問題ありだと思う。

  • オシムジャパンの敗退

    Posted on 7 月 26th, 2007 藤井 恒 No comments

    昨夜のアジアカップ準決勝は、日本が2-3でサウジアラビアに敗退し、
    残念ながら決勝に進むことができなかった。
    日本の方が得点のチャンスは多かったと思うが、
    オシム監督の指導が徹底するようになったためか、
    シュートを打つチャンスがあっても、パスを出して、
    結局、シュートまで持って行けない場面が再三あった。
    それに比べ、サウジアラビアの選手は、チャンスがあれば
    果敢にゴールを狙っていたから、負けて当然だったのかもしれない。
    オシム流のサッカーも理解できなくはないが、
    見ていてあまり楽しくない。
    多少いい加減に思えるところもあったが、
    ジーコ前監督の時の方が、個人的には好きだったですね。