その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 私の方へ寄ってくる可愛いハトは。。。

    Posted on 4 月 19th, 2013 藤井 恒 No comments

    FBで はとぽっぽ の話題が出たので、ちょっと ひとこと♪

    社寺の境内や公園にいるハトは、人と見ると寄って来ます。

       あっ、かわいい♡ 私のこと好きなのかなー ^^

    なんて、勘違いしてはいけません! そういう場所にいるハトは、

       いつもそこで、誰かから餌をもらっています

    ので、そのことを学習して

       「人を見たら餌と思え!」状態になっています。

    なので、人が来ると、取りあえず、

       「あっ、餌が来た!」

    って、寄ってくるだけです。ですから、

    餌もやらず、ハトに近づこうとすると、

       「なんだ、こいつ、餌、くれねえのかよ! けちっ!!」

    って、そそくさと立ち去ってしまうのです!

    でも、この

       ハトと同じことをしている人もたくさんいますよね?

    例えば、

       お金持ちに群れるハト、じゃなくてヒト!

    景気が良くて、

       お金をばらまいていた時は、たくさんの人が集まる人気者だった

    のに、

       お金が無くなった途端に、誰からも相手にされなくなる可愛そうな人。。。

    あるいは、

       健康で、いろんな仕事をバリバリやっていた時は、まわりにいつもたくさんの人がいた

    のに、

       病気やケガをして、仕事ができなくなった途端に、忘れられてしまう人。。。

    例を挙げたら、きりがないかもしれません。

       便利な時だけちやほやされて使われて、必要なくなった途端に捨てられる・・・

    私も今まで、何度かそういう目にあって来たような気がします。でも、

       私はハトではなく、人間として生きたいな♪ ^^

  • ネコ2匹の里親になって頂ける方を探しています♪ (=^^=)♪

    Posted on 3 月 13th, 2013 藤井 恒 No comments

    関西在住のフルーティストさんのお友達が、里親募集中です♪
    2匹のネコの里親になって頂ける方を探しています。

    2匹とも可愛いネコちゃんです! (=^^=)♪

    以下のようなご事情ですので、
    関西在住の方でどなたか里親になって頂ける方はおられないでしょうか?

    お問い合せは、藤井までメールでお願いいたします。

    -----------------------
    里親になって頂ける方を探しています!マルちゃんです♪

    クロ&マル、どちらも雄(去勢済みです)

    三才の兄弟です。

    友人が長居公園で赤ちゃんの時に捨てられてたのを拾って飼っていましまが、
    友人が病気になってしまいこの先 仕事復帰すら出来ない状態までなり、
    今のアパートから出る事に…

    諸事情によりどう頑張ってもどうしても飼えない事になり
    泣く泣く里親になって頂ける方を募集しています。

    クロは優しい性格でマルに寄り添って守るように寝てるみたいです。

    マルは少しメタボ気味らしい(((^_^;)
    捨てられてたからか、とても甘えたさんで声を出して鳴いて呼ぶらしい。。。

    まだ三才ですが、見た目はもう大人なので引き取って頂ける方か見付からずに、
    アパートを出る日だけが迫ってきていて焦っている状況です。

    赤ちゃんの時に拾われて、やっと安心して生活出来てる猫をまた公園に放す事だけは何とかして防ぎたく、

    皆様、どうか宜しくお願いいたします(>_<)

  • 東日本大震災 復興支援プロジェクト 「NEVER FORGET 東北」☆トークショー「子どもたちの心の音」

    Posted on 1 月 7th, 2013 藤井 恒 No comments

    今日は阪急うめだ本店 9階「祝祭広場」であった東日本大震災 復興支援プロジェクト 「NEVER FORGET 東北」「笑顔でつなぐ」チャリティーイベント 「俳優たち自らが撮影した絵画展」などと、そこで行われたトークショー「子どもたちの心の音」に行って来ました♪

    イベントの紹介ページ

    実は、このイベントがあることは直前まで知らず、トークショーに出演される秋野暢子さんがFBに情報を流しておられたのを見て知り、言ってみることにしました♪

    「NEVER FORGET 東北」は俳優の柴俊夫さんの呼びかけで始まった震災復興支援プロジェクトだそうで、全国各地で精力的にチャリティーイベントを行われているとのこと。

    会場では、「俳優たち自らが撮影した絵画展」のほか、「トビー・マーシャル写真展」、「渡辺貞夫写真展」、「写真のチカラ」、「子どもたちの心の音―被災地より―」も行われていて、どの作品も興味深く、拝見しました。

    トークショー「子どもたちの心の音」は、午後2時から1時間弱行われましたが、話の大半は、書家の矢野きよ実さんが、実際に東日本大震災の被災地で行われてきた「書」を通じての活動報告で、地震と津波で被災したこどもたちの心の音が、ひしひしと伝わってくる心打たれるお話しでした。 

    私は阪神大震災で被災した友人のアドバイスにしたがって、被災地に行って演奏するという形ではなく、チャリティーコンサートを通じて、義援金を送る活動を続けて来ましたが、矢野きよ実さんがされているような現地に行って、被災したこどもたちの心の音をきく活動も、本当に大切なんだということを、改めて思いました。

    今日、お話された矢野きよ実さんも秋野暢子さんも柴俊夫さんも、震災のことを忘れないで活動していくことの重要性を繰り返し述べておられましたが、本当にその通りだと思います。私も元気をもらえるお話が聴けて、聴きに行って本当に良かったと思います!

    私も自分にできること、これからも続けていきたいと思います。お知らせ下さった秋野さんに感謝です♪

  • 熱中症に注意。。。

    Posted on 8 月 26th, 2012 藤井 恒 No comments

    まだ暑い日が続いていますが、今年は例年になく省エネでエアコンの使用を控えている人も多いようです。

    かく言う私も、部屋の温度が上がらないように工夫していますが、

    それでも33℃を越えたり、湿度が高いときは作業効率も落ちるし、熱中症の危険があるので、エアコンをかけるようにしています。

    ただ、もう一つ問題が・・・

    実は、家でミニチュアシュナウザーという小型犬を飼っているのですが、

    小型の室内犬なので赤ちゃんと同じように、熱中症になるリスクが高いのです。

    人がいるときは、様子を見ながら対応できるからいいのですが、

    みんな外出して犬だけを残して行くときはそういうことができませんので、

    エアコンをかけて外出することになります。

    私ですら、エアコンをかけない部屋で作業をしていると、

    頭が熱くなって、頭痛がしてくることもあります。

    そんな時は、後頭部に直接、冷水のシャワーをかけて冷やし、エアコンをつけますが、

    うっかりすると、熱中症になりそうです。

    赤ちゃんも犬も自分でそんなことはできませんから、

    ちゃんと気を配ってあげないといけません。

    節電も大事ですが、大切な命を失っては意味が元も子もありませんから。。。

  • 明るい話題

    Posted on 5 月 17th, 2009 藤井 恒 No comments

    不況の上に、インフルエンザ騒ぎで明るい話題がなかなかありませんが、

    今日は職場の関係者のおめでたい結構披露宴がありました。

    十ウン年の交際に末にゴールインされたカップルに

    みんなでお祝いをしました \(^o^)/

    懐かしい顔にもいっぱい出会えて、

    楽しいひとときを過ごすことができました (^-^)v

    さあ、今週もがんばろうっと!

  • さだまさし

    Posted on 11 月 18th, 2005 藤井 恒 1 comment

    今日、北野武のTV番組に、さだまさしが出演していた。
    他の人からは「暗い」と言われるが、
    私は さだまさしの 歌が好きだ。
    日本的な人間的な優しさを感じる歌詞と
    歌詞を聴かせる旋律の曲が多いからだ。
    私も年を取ったせいか、
    以前にも増して涙もろくなった気がするが、
    でも、優しい歌をありがとう。

  • 大阪の乗車マナー

    Posted on 5 月 11th, 2005 藤井 恒 No comments

    20年ほど前まで、関西のJR(国鉄)の車内にはゴミが散乱し、ゴキブリが這うなど、それは汚いもので、東京のJR(国鉄)の車両と同じものとはとても思えない有様だった。
    その汚い車両の原因は、乗客のマナーが悪いためだったのだが、国鉄が民営化されてJRとなり、清掃も行き届くようになり、次第に車内は綺麗になっていった。
    しかし、今でもあまり改善されていないことがある。それは、座席への座り方だ。東京では、人が非常に多いためか、電車の座席にはできるだけ詰めて座るのが当たり前になっている。もちろん、稀に詰めずに座っている人もいるが、それは例外的なケースのように思う。ところが、関西のJRや大阪の地下鉄では、6~7人座れる座席に、3~4人しか座っていないということが多々ある。前に人が立っていても、その人が何も言わなければ、席を詰めるということはあまりないのだ。これは、老若男女に関係なく、関西人の気質なのかもしれないが、見ていて腹立たしいことも多い。
    今日も、大阪市営地下鉄で、「おやまあ・・・」と呆れる光景に出会った。車内はそれなりに混んでいて、6~7人座れる座席に、4~5人が座っていた。当然、私は席を詰めて座っていて、もう1人座れるのだが、不思議なことにそこに座ろうとする人があまりいないというのも、また、関西の不思議な光景だ。
    さて、その車両に、とある駅でたくさんに人が乗り込んできて、私の隣にもやっと人が座った。一方、私の向いの席には、4人しか座っていなくて、2人が楽に座れるスペースが空いていた。そこへ、高齢の女性と男性が乗り込むやいなや足早に近づいてきたので、てっきり2人で座るものと思ったのだが、高齢の女性がそのスペースの真ん中に、どっしりと腰掛けてしまった。タッチの差で、遅れてきた男性は、「スミマセンな」といいながら、手を前に差し出して、その女性に席を詰めてくれるよう、頼んだのだが、その女性は全く意に介さず、微動だにしようとしない。男性は、30秒ほど待っていたが、女性はまったく席を空けるそぶりを見せない。結局、椅子取りゲームに負けてしまった男性は、他の車両に移っていったのだが、何とも困った光景である。
    これぞ大阪のおばちゃん、いや、大阪のおばあちゃんと言いたいところだが、いえいえ、大阪にも心優しい女性はたくさんいるのですよ。