その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • ブタの生レバーを食べるなんて。。。危険なのに。。。><

    Posted on 9 月 29th, 2012 藤井 恒 No comments

    今日の朝日新聞に、牛肉の生食は禁止になったのに、豚肉の生食は禁止されていないからといって

       ブタの生レバーを出している店が全国に100店以上ある

    という記事が掲載されていました。

       ええええ、ウソ!

    新聞記事にの書かれていたように、

       食中毒の危険だけでなく、寄生虫やE型肝炎になるなど多くのリスクがある

    のは周知の事実なので、

       豚肉を生で食べるなんて、考えられません ><

    出しているお店も、食べている人も、いったい何を考えているんでしょう?

       私の店で出す豚肉は絶対安全です

    と言って、客に出して、

       食中毒になったり、最悪、肝炎で死亡したりした場合

    確実に賠償請求されるでしょうし、刑事罰だって考えられるでしょうに。。。

       すぐに止めるべきだと思います!!!

  • 熱中症に注意。。。

    Posted on 8 月 26th, 2012 藤井 恒 No comments

    まだ暑い日が続いていますが、今年は例年になく省エネでエアコンの使用を控えている人も多いようです。

    かく言う私も、部屋の温度が上がらないように工夫していますが、

    それでも33℃を越えたり、湿度が高いときは作業効率も落ちるし、熱中症の危険があるので、エアコンをかけるようにしています。

    ただ、もう一つ問題が・・・

    実は、家でミニチュアシュナウザーという小型犬を飼っているのですが、

    小型の室内犬なので赤ちゃんと同じように、熱中症になるリスクが高いのです。

    人がいるときは、様子を見ながら対応できるからいいのですが、

    みんな外出して犬だけを残して行くときはそういうことができませんので、

    エアコンをかけて外出することになります。

    私ですら、エアコンをかけない部屋で作業をしていると、

    頭が熱くなって、頭痛がしてくることもあります。

    そんな時は、後頭部に直接、冷水のシャワーをかけて冷やし、エアコンをつけますが、

    うっかりすると、熱中症になりそうです。

    赤ちゃんも犬も自分でそんなことはできませんから、

    ちゃんと気を配ってあげないといけません。

    節電も大事ですが、大切な命を失っては意味が元も子もありませんから。。。

  • 子ネコの里親を募集♪

    Posted on 6 月 5th, 2012 藤井 恒 No comments

    ご近所で保護された捨てられていた子ネコの里親を募集されています♪

    保護しているは京都府長岡京市です。興味がある方がおられましたら、
    下記のブログをご覧の上、直接、ブログからお問い合せください♪

    http://pub.ne.jp/igenoyama/?entry_id=4357380
    http://pub.ne.jp/igenoyama/?entry_id=4358356

  • あの日から・・・

    Posted on 1 月 17th, 2012 藤井 恒 No comments

    今日、1月17日で阪神淡路大震災から17年が経ちました。

    毎年のことですが、今日も早く目が覚めてしまい、布団の中であの日のことを思い出していました。

    あの日以来、私の生き方は大きく変わったと思います。

       とにかく、1日、1日を大切に生きよう・・・と

    私は震災前から神戸に仕事に行っていましたので、

       あの日の出来事を忘れることはありませんし、忘れることもできないでしょう!

    でも、後ろだけを見ていても何も進まないので、

       何があっても前向きに生きよう・・・と

    思えるようになったのも、あの出来事があったからだと思います♪

    そんな風に生きてきて

       これでいいんだ・・・と

    思っていた訳ですが、

       昨年、3月11日に起こった東日本大震災によって、

    私の生き方は再度、変わったように思います。

       自分にできることから、少しずつ・・・

    もちろん、

       日々を大切に、前向きに生きながら・・・

    物事に取り組めるようになったかもしれません。

    ただ、東日本大震災によって、

       自分がやるべきことの優先順位が変わってしまった

    ため、

       一部の方々にはご迷惑をおかけしたと思います。

       申し訳ありません。。。。 m(_)m

    不況でいろいろ大変ですが、

       今年もできることをコツコツとやって行きたいと思います!

  • 東北関東大震災

    Posted on 3 月 26th, 2011 藤井 恒 No comments

    東北関東大震災が起こって、2週間が経ちました。

    地震が起こった時、私は自宅にいたのですが、

       長周期の大きな横揺れが来て、とても大きな地震が起こったことがわかりました。

    で、すぐにネットとテレビ(NHK)をつけたところ、

       三陸沖で大地震が起こって、大津波警報が出たことを知りました。

    その後、NHKで大津波が次々と襲来する様子が映し出され、

       思わず、「逃げて!!」と言うしか、ありませんでした・・・(T_T)

    あの日は、夜、大阪梅田で授業があったのですが、

       あまりの大津波に、万一、大阪にも2m以上の津波が来ると危険だと思い、

       当日の授業は、私の独断で休講にしました。

    結果的には、大阪では最大60cmの津波だったので、大丈夫でしたが、

       万一のことを考えて休講にしたことは間違っていなかったと思っています。

    私は弘前に住んでいたこともあり、東北にも親戚や友人や知人がかなりいますが、

       ようやく、ほぼ全員の無事が確認でき安堵したところです。

    もちろん、家や職場を失ったり、自宅が被害を受けた方もおられますが、

       生きていることが何より大事なことです。

    仙台以北の太平洋岸はほぼすべて車で走ったことがあって、

       特に、岩手県の宮古付近から北には何度も行っています

    ので、今回の津波後の惨状に、言葉がありません。

       お名前は知らないけれど、調査や撮影でお世話になった方々も少なくない

    ので、その方々の安否も心配ですが、調べる術がありません (T_T)

    今回の大震災では東京などでも被害が出ましたし、

       被害を受けなかった私たちが頑張って支えていかないとダメです。

    一人一人ができることから・・・ということで、

       神戸や大阪の音楽家の皆さんと一緒にチャリティーコンサートを行うことにしました。

    詳細はこれから詰めていきますが、

       2011年5月15日(日) に 神戸のロッコーマンホール で 歌、フルート、ヴァイオリン、ピアノなど

    のコンサートを行います。詳細は、決まり次第、こちらのサイトに載せていきますので、

       お近くの方は、是非、聴きにいらしてください♪

  • 広島・・・原爆の日

    Posted on 8 月 6th, 2010 藤井 恒 No comments

    今年も8月6日がやってきました。。。。

    私は広島(といっても山の中ですが・・・)で育ったので、
    小さな頃から、いろいろな場で、戦争の悲惨さを知り、
    平和について考えながら育ちました。

    広島市内には、原爆で全てを失った人たちが焼け残った材料を使って建てた
    バラックと呼ばれていた「家」が立ち並んでいましたし、
    原爆でできた人の影・・・がそのまま残されている場所もまだありました。

    私が生活していた村の近所にも、
    被爆してケロイドが残ってしまった人も生活しておられました。

    私はそういうことにとても関心があったので、子供の頃、
    被爆された方や実際に戦地に行った方、
    シベリアで抑留生活をされた方などのところへ行って
    戦争の悲惨さや当時のお話しをたくさん聞かせてもらいました。

    私の両親は戦争中は東京の方に住んでいましたが、
    小学生だった母が疎開中に東京大空襲があって、
    多くのものを失ったそうです。

    東京では食料事情も悪く、カエルでもイナゴでも、雑草でも、
    食べることができるものは、何でも食べたそうですが、
    それでもどうしようもなくて、餓死した小学校の友だちもいたそうです。

    私の家からは高校に通えなかったので、
    高校から一人で生活していましたが、
    私が通っていた高校は爆心地の近くにあったので、
    原爆で先生も生徒もほぼ全滅・・・。

    毎日、原爆ドームの横を通って、通学していましたので、
    平和について考えない日はなかったように思います。

    戦後生まれの私は、

      ずっと 好きなことをして 生きてきました

    が、その間、ずっと

      平和だったから、できたこと。。。

    私にとって今日、8月6日は、

       平和であることの大切さを再確認させてくれる

    特別な日なのでした。 

  • 津波の高さの予想・・・

    Posted on 3 月 1st, 2010 藤井 恒 No comments

    今回、気象庁が出した津波警報などで、

        気象庁が予想した津波の高さが高すぎた・・・

    と担当者が謝罪した・・・という報道がされていますが、

        過小評価して被害が出るよりも、過大評価して被害がでない方がいい

    ので、

       私は、大きな方針変更はしない方がいい!

    と思います。

       長時間、電車が止まったり、避難しなければならなかった

    のは、

       確かに、困ったとは思います

    が、過小評価してしまうと

      大津波が来た時に、甚大が被害が出てしまう

    ので、

      多少の予報の誤差には、目をつぶるべき

    です!

  • 阪神大震災から15年

    Posted on 1 月 18th, 2010 藤井 恒 No comments

    昨日、1月17日で阪神大震災から15年が経ちました。

    数日前には、ハイチで直下型の大地震が起こって、
    たくさんの方が亡くなり、
    まだ多くの方々が瓦礫の下に・・・。

    15年前を思い出した人も多かったハズです。

    今年は、夕方から神戸・三宮に行って、
    ピアジュリアンでフルートのトリオのライブ演奏を聴きました。

    演奏していた若い3人の女性フルーティストは、
    何れも兵庫県在住で震災を経験されていたこともあって、
    ライブ演奏の最初と最後には、
    震災でなくなった方を追悼するための曲が演奏されました。

    最初の曲は、Ave verum Corpus で、フルートの三重奏で演奏されましたが、
    よく歌っていた曲だったので、私もフルートに合わせて、心の中で歌わせて頂きました。

    最後は、ライブを聴きに来ていた人にも楽譜が渡されて、
    震災の日に歌われている曲を、みんなで一緒に歌いました

        ・・・・復興した三宮の夜景を眺めながら。。。

  • 白馬八方尾根スキー場

    Posted on 1 月 7th, 2010 藤井 恒 No comments

    テレビで八方尾根スキー場で、

      コース外を滑走する困ったスキーヤーやスノーボーダー

    のことをやっていました。

      外国人が増えたから・・・

    みたいな説明をしていましたが、

      日本人の中にもコース外に入る困った人は少なくありません!

    雪崩にあって、死ぬのは勝手ですが、

      そうなんすれば、捜索や救助にいかなければならない!

    わけですから、

      たくさんの方に迷惑をかけることになります!

    前から何度か書いていますが、

      こういう人たちは、実際に自分が事故に遭わないとわからない愚か者!

    としか言いようがありません。

      死んだら、the end!

    なんですけどねぇ。。。

  • 水害次は地震・・・

    Posted on 8 月 11th, 2009 藤井 恒 2 comments

    今日の明け方、布団の中でうとうとしていると、ゆらゆら・・・

      あっ、地震だ

    ちょっと遠くかな。。。と思いましたが、大した揺れではなかったので、そのまま眠りに。。。

    起きてからニュースを見ると、静岡県で大きな地震があったことが報道されていました。

      震度6弱にもかかわらず、全壊や半壊した家屋はなく、
      けが人は出ているものの亡くなった方はおられない・・・

    ということで、ちょっとホッとしていたのですが、
    静岡で、本の下で埋まって死亡している女性が見つかったことが報道されていました。

    今回の地震が原因で、本に埋まって亡くなったのかどうか、まだわからないようですが、
    阪神大震災の時を思い出してしまいました。

    私は当時、京都府長岡京市のマンションに住んでいたのですが、
    揺れる前に地響きに気づいて、地震には冷静に対応することができました。
    自宅は、ほとんど被害はなかったのですが、近くで1人ですが亡くなった方がおられました。

    自宅から少し離れたところに、1ルームを仕事場兼書庫として借りていて、
    震災後しばらくして行ってみて、びっくり!!

    壁のほぼ全面に本棚を置いてあったのですが、
    本棚が倒れたりして、本という本が床に・・・

       ここで寝てたら、死んでたわ・・・・(>_<)

    とマジに思いました。

    当時から、神戸・三宮にも仕事で行っていましたので、
    私が無事だったのは、

       運がよかっただけ

    と今でも思っています。