その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 茨城県国民健康保険料団体連合会の職員による10億円の着服事件の呆れた記者会見

    Posted on 4 月 23rd, 2008 藤井 恒 No comments

    茨城県国民健康保険団体連合会の職員が、

    10億円を着服したことが、昨日のニュースで報道されていた。
    この職員は着服したお金を競艇に使ったと話していたというが、
    3年間で10億円ものお金を銀行口座から
    引き出されていたにも関わらず、
      この男性が上司に宛てた手紙を見るまで、
      全く気づかなかった
    という、信じられない説明を
    連合会の記者会見でやっていた。
    記者会見では、
      この男性を信じ切っていた・・・
    などとも説明していたが、
    こんな言い訳は通らない。
     10億円の賠償はこの男性に求めることになるが、
     全額回収することは難しいと思う
    とも言っていたが、
    記者会見にのぞんでいた役員や上司にも、
    管理責任があることを忘れているような会見で、
    ことの重要性を本当に判っているのだろうかと
    疑念を抱かざるを得ないものだった。

  • 盗まれる電線、鉄板etc。

    Posted on 2 月 22nd, 2007 藤井 恒 No comments

    最近、各地で電線や鉄板など、銅や鉄、ステンレスなどが
    大量に盗まれているらしい。
    使われている電線がなくなれば停電するし、
    道路標識がなくなれば交通事故の危険があるし、
    側溝やマンホールの蓋がなくなれば、転落してけが人が出るかもしれない。
    防潮扉を盗んだり、車止めを盗んだりと、呆れるばかりだ。
    どうやら中国に不法に輸出されるらしいが、
    日本の犯罪組織も関わっているのだろう。
    こういう公共のものを盗んだり、盗まれることによって、
    人に危害が及ぶ可能性がある場合は、
    罰を重くした方がいいと思う。
    何より、警戒や監視を強化して、窃盗集団を検挙して欲しいものだ。

  • 親の責任と行政の責任・・・公園のベンチから転倒した幼児が死亡した事件で行政に賠償命令

    Posted on 7 月 29th, 2006 藤井 恒 No comments

    2005年4月に千葉市若葉区にある動物公園で、
    ベンチに座っていた幼児(当時1つ)が転倒し、
    植えられていたツツジの枯れ枝が頭に刺さって
    死亡するという事故があった。
    このした事故に関して、幼児の両親が、千葉市を相手取って
    損害賠償を求める訴訟を起こしていたが、その判決が7月26日に
    千葉地裁であり、千葉市の管理責任を一部認め、
    千葉市に約1000万円の賠償を命じたという。
    訴訟を起こした両親もテレビのインタビューに答えて、
     「私たち(親)にいちばん責任があることがわかっているが、
     幼い子供が遊ぶ公園を管理していた市側にも責任があると思う」
    という趣旨の話をしておられた。
    非常に微妙な判断なので、千葉市が控訴すると二審で判決が覆る可能性も
    あるように思うが、今回の判決では子供が遊ぶ場所ということが
    十分考慮すべきだという判断だったのだろう。
    小さな子供は、親が目を離した一瞬のすきに思わぬ行動をすることがあるから、
    まず、親がしっかり子供の安全を確保する努力をしなければならないということは、
    誰も異論はあるまい。

  • 発砲事件

    Posted on 9 月 27th, 2005 藤井 恒 2 comments

    昨日、阪和道で走行中の自動車に拳銃?を発砲する事件が
    2件もあったという。
    また、埼玉県でも国道の交差点で停止中の自動車から
    いきなり発砲される事件があったという。
    日本らしくない事件だが、
    危なそうな自動車には近寄らないほうが良さそうだ。

  • クレジットカードの情報流出

    Posted on 6 月 22nd, 2005 藤井 恒 No comments

    アメリカでクレジットカードの情報が流出したことが問題になっている。
    当然のことながら、日本国内のカード会社が発行したカードにも、不正使用などの影響が出始めている。
    これに乗じて、アメリカからはクレジットカードについてのアドバイスをしますという
    宣伝メールが届いている。
    海外の報道によれば、既に流失したカード情報がネット上で売買されているというが、
    便乗商売や詐欺行為も予想される。
    呉々も騙されないように。。。