その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 次はヨハネ受難曲の演奏会です!

    Posted on 7 月 20th, 2011 藤井 恒 No comments

    7月も後半に入ってしまいました♪

    7月16日(土)にあったフルートアンサンブルのボランティア演奏も無事に(?)終わりました♪
    90人ほどのお客さまがおられて、フルート8本による演奏をしました。
    例によって私は少し歌も歌いましたが、皆さまに喜んでいただけたようで良かったです♪

    アンコールが終わったあと、お客さまからリクエストがあったので、
    口笛デビューもしてしまいました (^_^;

    さて、次の日曜日にはヨハネ受難曲の演奏会があります♪
    先日の日曜日には1回目のオケ合わせもあって、もういつでもどうぞ・・・という感じです♪

    7月24日(日)16:00~ 吹田メイシアター大ホール

    千里バッハ合唱団・千里バッハオーケストラ 第22回演奏会「ヨハネ受難曲」

    チケット(前売2500円)のお申し込みは私までメールでお願いします。

    月末にあるチャリティコンサートの方も、着々と準備が進んでいますので、こちらもよろしくお願いします♪

    7月30日(土)13:00~ 京都 プロラボ エイエムエス スタジオ

    30日(土)はピアノと歌のプログラムで、青森県八戸市出身で京都市立芸術大学大学院のソプラノの泉萌子さんにも出演していただけることになりましたので、是非、是非、聴きに来て下さい♪

    7月31日(日)13:00~ 同上

    31日(日)はフルートデュオと合唱のプログラムで、私は合唱で参加する予定ですが、ちょっとフルートも吹きます (^_^;

  • 東北関東大震災

    Posted on 3 月 26th, 2011 藤井 恒 No comments

    東北関東大震災が起こって、2週間が経ちました。

    地震が起こった時、私は自宅にいたのですが、

       長周期の大きな横揺れが来て、とても大きな地震が起こったことがわかりました。

    で、すぐにネットとテレビ(NHK)をつけたところ、

       三陸沖で大地震が起こって、大津波警報が出たことを知りました。

    その後、NHKで大津波が次々と襲来する様子が映し出され、

       思わず、「逃げて!!」と言うしか、ありませんでした・・・(T_T)

    あの日は、夜、大阪梅田で授業があったのですが、

       あまりの大津波に、万一、大阪にも2m以上の津波が来ると危険だと思い、

       当日の授業は、私の独断で休講にしました。

    結果的には、大阪では最大60cmの津波だったので、大丈夫でしたが、

       万一のことを考えて休講にしたことは間違っていなかったと思っています。

    私は弘前に住んでいたこともあり、東北にも親戚や友人や知人がかなりいますが、

       ようやく、ほぼ全員の無事が確認でき安堵したところです。

    もちろん、家や職場を失ったり、自宅が被害を受けた方もおられますが、

       生きていることが何より大事なことです。

    仙台以北の太平洋岸はほぼすべて車で走ったことがあって、

       特に、岩手県の宮古付近から北には何度も行っています

    ので、今回の津波後の惨状に、言葉がありません。

       お名前は知らないけれど、調査や撮影でお世話になった方々も少なくない

    ので、その方々の安否も心配ですが、調べる術がありません (T_T)

    今回の大震災では東京などでも被害が出ましたし、

       被害を受けなかった私たちが頑張って支えていかないとダメです。

    一人一人ができることから・・・ということで、

       神戸や大阪の音楽家の皆さんと一緒にチャリティーコンサートを行うことにしました。

    詳細はこれから詰めていきますが、

       2011年5月15日(日) に 神戸のロッコーマンホール で 歌、フルート、ヴァイオリン、ピアノなど

    のコンサートを行います。詳細は、決まり次第、こちらのサイトに載せていきますので、

       お近くの方は、是非、聴きにいらしてください♪

  • 津波の高さの予想・・・

    Posted on 3 月 1st, 2010 藤井 恒 No comments

    今回、気象庁が出した津波警報などで、

        気象庁が予想した津波の高さが高すぎた・・・

    と担当者が謝罪した・・・という報道がされていますが、

        過小評価して被害が出るよりも、過大評価して被害がでない方がいい

    ので、

       私は、大きな方針変更はしない方がいい!

    と思います。

       長時間、電車が止まったり、避難しなければならなかった

    のは、

       確かに、困ったとは思います

    が、過小評価してしまうと

      大津波が来た時に、甚大が被害が出てしまう

    ので、

      多少の予報の誤差には、目をつぶるべき

    です!

  • 南米チリの大地震・・・(T_T)

    Posted on 2 月 27th, 2010 藤井 恒 No comments

    南米のチリでM8.8の大地震が起こったそうです。

    チリでも被害が出ていますが、どうやら日本にも津波がやって来そうです。

    三陸海岸などでは過去に大きな津波の被害を受けているので、
    高い防潮堤などが作られています。

    もう10年以上前になりますが、チョウセンアカシジミという蝶の撮影などで
    三陸を訪れた時に、海岸から1km以上上流にある川沿いの民家のおばあちゃんに
    昔、経験された津波のお話をうかがったことがあります。

        こんなところまで津波が来たんだぁ。。。 @<@)

    とっても驚きました。

    今回は大きな津波が来る危険性があるので、三陸海岸に限らず、
    津波のリスクがあるところからは避難した方がいいと思いますし、
    海岸には近づかないのが賢明だと思います。

  • 水害次は地震・・・

    Posted on 8 月 11th, 2009 藤井 恒 2 comments

    今日の明け方、布団の中でうとうとしていると、ゆらゆら・・・

      あっ、地震だ

    ちょっと遠くかな。。。と思いましたが、大した揺れではなかったので、そのまま眠りに。。。

    起きてからニュースを見ると、静岡県で大きな地震があったことが報道されていました。

      震度6弱にもかかわらず、全壊や半壊した家屋はなく、
      けが人は出ているものの亡くなった方はおられない・・・

    ということで、ちょっとホッとしていたのですが、
    静岡で、本の下で埋まって死亡している女性が見つかったことが報道されていました。

    今回の地震が原因で、本に埋まって亡くなったのかどうか、まだわからないようですが、
    阪神大震災の時を思い出してしまいました。

    私は当時、京都府長岡京市のマンションに住んでいたのですが、
    揺れる前に地響きに気づいて、地震には冷静に対応することができました。
    自宅は、ほとんど被害はなかったのですが、近くで1人ですが亡くなった方がおられました。

    自宅から少し離れたところに、1ルームを仕事場兼書庫として借りていて、
    震災後しばらくして行ってみて、びっくり!!

    壁のほぼ全面に本棚を置いてあったのですが、
    本棚が倒れたりして、本という本が床に・・・

       ここで寝てたら、死んでたわ・・・・(>_<)

    とマジに思いました。

    当時から、神戸・三宮にも仕事で行っていましたので、
    私が無事だったのは、

       運がよかっただけ

    と今でも思っています。

  • 雨、雨、雨・・・

    Posted on 8 月 10th, 2009 藤井 恒 No comments

    台風の影響による大雨で、岡山県や兵庫県では大きな被害が出ています。
    被災された皆さまには、お見舞い申し上げます。

    大きな被害が出ている地域は、何度も行ったことがあります。
    昨日、佐用町でフルートなどのコンサートがあったので、
    仕事に間に合えば聴きに行こうかとも思っていたのですが、
    高速道路の渋滞が酷そうなので行くのは諦めました。

    出演されたフルーティストさんによると
    演奏中も雨の音が凄かったそうですが、
    演奏会の後であのような災害が起こるとは、
    思いもされなかったことでしょう。

    これから台風が近畿地方に接近してきますので、
    皆さまも、十分、お気をつけ下さい。

  • ミャンマーのサイクロンの次は、中国で大地震

    Posted on 5 月 13th, 2008 藤井 恒 No comments

    ミャンマーをおそったサイクロンで、
    死者・行方不明者が最大で10万人に
    なるかもしれないという甚大な被害が出たと思ったら、
    今度は中国の四川省で大地震があり、
    四川省だけで1万2千人を超える死者が出てしまった。
    ミャンマーでは被害にあった人たちへの
    援助物資が十分届いていないようだし、
    中国ではまだ多くの人が瓦礫の下に埋まっているという。
    人的被害が拡大しないよう、祈るばかりだ。

  • 阪神・淡路大震災から13年

    Posted on 1 月 17th, 2008 藤井 恒 No comments

    最近、あれこれと考え事をすることが多いせいか、
    今日が、あの阪神・淡路大震災が起こった日だ
    ということを、テレビニュースを見るまで、
    うっかり忘れてしまっていた。
    朝日新聞の朝刊に地震災害の特集記事が載っているのを
    見た時も、近畿南部は「真っ赤だな」と思ったものの、
    それが阪神大震災から13年目であることに
    関連した特集記事だということに気づかなかった
    自分が恥ずかしい。
    昨日も、震災の傷跡が残る神戸校に
    行っていた。
    震災の惨状を目の当たりにしている人も
    いたはずなのに、
    翌日(今日)が1月17日であることは
    話題にすらならなかった。
    神戸校に来ている生徒の多くは、
    あの震災を体験しているから、
    授業で震災の話をするのは正直辛いと思いつつも、
    あの災害を忘れてはいけないと
    毎年、1回か、2回、授業で震災のことに触れる
    ようにしているにもかかわらず、
    今日が1月17日であることを忘れていた
    自分が情けない。
    私にとって、
    阪神・淡路大震災が起こった1月17日と、
    広島・長崎に原爆が投下された8月6日・9日は、
    いろいろ考えさせてくれる特別な日。
    災害は避けられないけれど、
    被害を最小限にする術はある。
    戦争は避けられるのに、
    戦争を始めてしまう愚かな人間たち。
    どちらも、
    死ななくても済んだ命がたくさんあったハズだ。

  • 先日の京都府沖を震源とする地震は「異常震域」現象

    Posted on 7 月 18th, 2007 藤井 恒 No comments

    2007年7月16日23時18分頃にあった京都府沖 (北緯36.8°東経135.2°)を震源とする
    地震では、震源から遠い北海道や東北北部の太平洋側で大きな揺れがありましたが、
    あれは「異常震域」現象というのだそうだ。
    震源の深さが約370kmと深く、太平洋プレートが日本海側へ深く潜り込んでいるところで
    起こったため、震源付近ではほとんど揺れず、硬いプレートが浅いところにある
    東北~北海道の太平洋側で、大きく揺れたのだそうです。
    震度などのデータは気象庁のサイトなどで
    見ることができますが、理科のよい教材になりそうなデータです。

  • 次々に起こる地震

    Posted on 7 月 16th, 2007 藤井 恒 No comments

    今日、10時13分頃に起こった新潟県中越沖地震では大きな被害がでました。
    被災された皆さまには、心よりお見舞い申し上げます。
    午後には大きな余震もあり、これから降る雨も心配です。
    ところで、今日は近畿でも地震がありましたが、先ほどは北海道や東北で地震が
    あったようです。震源は十勝沖か三陸沖だと思われますが、
    気象庁WEBサイトの地震情報(速報)では、なぜか震源地が京都府沖になってしまっています。
    NHKなどでも同様のテロップが流れていますが、
    いったいどうしたのでしょうね。
    --------------
    その後も訂正がないようなので、防災科学技術研究所のページで
    高感度地震観測網のデータを見たところ、震源は京都府沖で
    正しかったようです。
    震源が深い地震だったため、普通とは違う揺れ方になったみたいですが、
    震源に近いところはほとんど揺れず、ずっと離れた東北北部や北海道で
    揺れが大きいというのは、私の記憶にはありません。