その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 電子書籍 第2弾! 大阪城の梅林&メジロなどの写真集☆

    Posted on 2 月 22nd, 2013 藤井 恒 No comments

    2冊めの電子書籍を作りました♪

    日本の花名所1 大阪城の梅林電子書籍 日本の花名所1 大阪城の梅林

    撮りためた写真がたくさんあるので、いろいろ作ってみたいと思います。

    日本の花名所の1冊目は、もうすぐ見頃を迎える大阪城の梅林と小鳥たちの写真を集めてみました☆
    サンプル画像のページは写真だけですが、解説付きのページもあります♪

    DL-MARKETで販売しています♪ サンプル画像もあります☆ ^^

  • 「かわいいパンダ」 ☆

    Posted on 1 月 31st, 2013 藤井 恒 No comments

    パンダの写真を使った電子書籍を作ってみました♪  

    かわいいパンダ (電子書籍)

    かわいいパンダ (電子書籍)

    下記のサイトで購入できますので、サンプルだけでも、見てくださいませ☆

    かわいいパンダ

  • 「高校の生物が根本からわかる本」 発売中!

    Posted on 2 月 25th, 2008 藤井 恒 No comments

    3年ほど前から、企画・執筆していた本ができました!
    書店にも並んでいますので、是非、手にとってご覧下さい。
    【書 名】社会人・大学生のための生物再入門テキスト
         高校の生物が根本からわかる本
         [細胞・代謝・発生・遺伝編]
         ISBN:978-4-8061-2958-5
    【著 者】藤井 恒
    【発行日】2008年2月23日
    【発 行】中経出版
    【定 価】1600円+税
    【体 裁】二色刷、A5判、288ページ
    http://www.chukei.co.jp/cgi-bin/books/detail.rb?o_id=2958
    ○高校の生物の復習本として企画されたものですが、
     高校生物と大学の生物の間をつなぐことを意識して
     執筆しましたので、高校で生物(特に生物II)を履修
     していなかったり、これから生物を勉強したい大学生や
     一般の社会人の方に、利用していただければ幸いです。
    ○高校生物+αの内容になっていますので、
     ふつうの高校生には少し難しいかもしれませんが、
     大学入試の二次試験・推薦入試の対策にも、
     利用価値が高い思います。
    ○高校の生物の先生方にも、是非、読んで
     頂きたい本です。
    ○各分野の専門の先生方に、初校段階でチェックして
     頂きましたので、内容もしっかりした本になったと
     思います。
    === 目 次 ===
     はじめに
     もくじ
     第1講 生物を調べよう
      1 いろいろな生物
      2 生物の調べ方(科学的方法)
     第2講 生体物質とその働き
      1 生物のからだをつくっている物質
      2 水(H20)
      3 タンパク質
      4 核酸とATP
      5 脂質
      6 糖質
     第3講 生物の特性
      1 生物と無生物の違い
      2 代謝とエネルギー代謝
     第4講 細胞の構造と機能
      1 細胞とは
      2 生体膜の構造と機能
      3 原核生物と真核生物
      4 真核細胞の構造と機能
     第5講 生物のからだ
      1 細胞と個体
      2 単細胞生物から多細胞生物へ
      3 組織と器官
     第6講 遺伝子の働き
      1 遺伝子の働き
      2 染色体と遺伝子
      3 遺伝子の本体
      4 セントラルドグマ
      5 RNA合成
      6 遺伝暗号
      7 タンパク質合成
     第7講 細胞分裂
      1 細胞分裂のしくみ
      2 原核細胞の分裂
      3 真核細胞の分裂
      4 細胞周期
     第8講 生物の生殖
      1 生物の生殖
      2 減数分裂
      3 植物の生殖
      4 動物の生殖
     第9講 動物の発生
      1 卵黄と卵割
      2 ウニの発生
      3 カエルの発生
      4 ヒトの発生
      5 発生と分化
      6 発生と遺伝子
     第10講 遺伝のしくみ
      1 遺伝とは
      2 近代遺伝学の歴史
      3 用語の説明
      4 一遺伝子雑種
      5 二遺伝子雑種
      6 ポリジーン
      7 性染色体と遺伝
      8 細胞質遺伝
     第11講 突然変異と遺伝病
      1 DNAと遺伝
      2 遺伝的変異と環境変異
      3 突然変異
      4 突然変異の修復
      5 ヒトの遺伝病
     第12講 バイオテクノロジー
      1 バイオテクノロジー
      2 細胞培養や組織培養
      3 クローン生物のつくり方
      4 細胞融合
      5 遺伝子組換え技術
      6 遺伝子治療
     さくいん
     参考文献一覧

  • 都会にすむセミたち

    Posted on 7 月 24th, 2007 藤井 恒 No comments

    大学院の先輩の沼田英治さんが、「都会にすむセミたち」という新刊を送って下さった。
     都会にすむセミたち 温暖化の影響?
     沼田英治・初宿成彦
     2007年7月25日
     海游舎
     ISBN978-4-905930-39-6
     1600円+税
    沼田さんは、もともとカメムシの生活史などを研究されているのだが、
    セミも同じカメムシ目(半翅類)であるからか、
    大阪のクマゼミのマーキング調査も、大阪市立自然史博物館の初宿さんと
    共同で行われている。
    ハードカバーの本なので、少し価格が高めだが、
    その気になれば小学生や中学生でも調べることが
    できる研究テーマを、専門家はどのようにして研究していくのかが
    わかりやすく解説されているので、
    小学生高学年以上の皆さんや、小中高等学校の先生方に
    ぜひ、読んで欲しい本だ。

  • ぼくの世界博物誌 日高敏隆著

    Posted on 5 月 13th, 2007 藤井 恒 No comments

    今日は、日高研の同窓会が京大会館であった。
    東京農工大ゆかりの方々はよくわからなかったが、
    京大の関係者がたくさん出席されており、
    中にはものすご~く、久し振りにお会いする方もおられて、
    楽しいひとときを過ごすことができた。
    夕方から理数研セミナーの仕事があったため、最後まで
    いることができなかったのが、とても残念だった。
    3月にあった退任記念パーティでも、日高先生から
    最近の御高著を頂いたが、今日は、昨年末に出た

    ぼくの世界博物誌 ~人間の文化・動物たちの文化~
    玉川大学出版部

    を頂いた。この本は、玉川大学出版部の「全人」などに
    連載されたエッセイをまとめたものだが、奥様がイラストを
    描かれており、とても楽しく読める。
    日高先生からは、ずいぶんたくさんの本を頂いたが、
    この本には先生と奥様が一緒に写った最近の写真もあり、
    表紙も先生のお気に入りの文がデザインされたものだ。
    みなさまも、ぜひ、ご一読を!

  • モンシロチョウはなにがすき? 韓国版

    Posted on 4 月 29th, 2006 藤井 恒 No comments

    今日、帰宅したところ、福音館書店から、画家の たかはしきよし さんと
    昔出した「モンシロチョウはなにがすき?」 の韓国バージョンが届いていた。
    ハングルに書かれていると、何か不思議な気分だけれど、
    韓国の方とお話しするときに、話のネタには使えそうだ。
    この本に登場する虫たちは、ほぼ韓国にいるハズだし、
    農村部の風景もそれほど違和感はないと思うので、
    韓国の子供たちにも、喜んで読んでもらえると嬉しい。

  • 原稿書きに明け暮れる日々

    Posted on 1 月 27th, 2006 藤井 恒 No comments

    今年の年賀状の文面を見た家族が、
     「まるで作家になったみたいだ」
    と言った。確かに、複数の本を同時進行で作っている
    のだから、そう言われても仕方がない。
    それに加えて、いくつかの雑誌の依頼原稿も複数あるし、
    予備校のテキストも作らなければならない。
    気分転換にブログにカキコする訳だが、
    ストレス解消にはほど遠い。
    あ~、フィールドに出たいよう!!

  • ブルーバックス版 高校生物の教科書 が完成!

    Posted on 1 月 18th, 2006 藤井 恒 2 comments

    今日、講談社から、
    できたてのブルーバックス版「新しい高校生物の教科書」が届いた。
    表紙には私の名前は出ていないが、
    自分が執筆したパートだけでなく、
    全般にわたって編集のアドバイスや
    リライトをしたので、「やっとでき~た」という感じだ。
    一応、社会人向けに作られていますが、
    高校生物を学習していない高校生や大学生にも
    読んでもらおうということで作られた読み物風の本なので、
    みなさんも是非、買って読んでみてください。
    ちなみに、私は(なぜか?)植物生理の2つのパートと
    生態学の2つのパートなどを執筆しました。
    私が書いたパートは、完全な読み物となっていますので、
    気軽に読めると思います。

  • ブルーバックス版 高校生物教科書

    Posted on 12 月 21st, 2005 藤井 恒 No comments

    3年越しでやっていた「ブルーバックス版 高校生物教科書」が
    ようやく発行されるところまでたどりつきました。
    書名(予定)は
     現代人のための高校理科
     『新しい高校生物の教科書』
     栃内 新、左巻健男編著
     発行 講談社
    で、1月20日に発行される予定です。
    私が著者になっているのは、この内の4つの節(パート)ですが、
    編集者からの依頼で、全てのパートを数回にわたって
    チェックしましたが、今年は特に忙しかったので、
    我ながらよく頑張ったと思います。
    最後の校正を今日、やっと見終えて、
    ようやく一息つくことができたところです。 ふー(^-^) 
    しかし、並行して、他の本作りもやっていますので、
    まだしばらくは、原稿書きや校正に追われる日々が続きそうです。
    本が無事にできましたら、また紹介しますので、
    ぜひ、お買い上げくださいませ。 m(_)m

  • モンシロチョウはなにがすき?

    Posted on 9 月 13th, 2005 藤井 恒 No comments

    帰宅したところ、福音館書店から久しぶりに書籍小包が届いていた。
    「何だろう」と思ってみると、
    ずいぶん前に、出版した「モンシロチョウはなにがすき?」という絵本だった。
    2003年に増刷した時の見本本を送り忘れたということに気づいたので、
    慌てて送ったきたということのようだ。
    この本は、絵本画家の たかはし きよし さんと
    「かがくのとも」の4月号として最初作ったものだが、
    当時、編集をやっていた武田秀人さんと何度もやりとししながら、
    原稿や原画を何度も直して作った思い出深い本だ。
    ちょうど、子供が生まれた頃だったので、
    自分の子供のために作ったようなものなのだが、
    幸い、かがくのとも 特製版として、ハードカバーでも出版されたのだ。
    よくある「モンシロチョウ」の本とは、二味、いや三味くらい違う本に
    仕上がったと自負している。
    いちど、読んでみて頂けると嬉しい。