その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 東日本大震災 復興支援プロジェクト 「NEVER FORGET 東北」☆トークショー「子どもたちの心の音」

    Posted on 1 月 7th, 2013 藤井 恒 No comments

    今日は阪急うめだ本店 9階「祝祭広場」であった東日本大震災 復興支援プロジェクト 「NEVER FORGET 東北」「笑顔でつなぐ」チャリティーイベント 「俳優たち自らが撮影した絵画展」などと、そこで行われたトークショー「子どもたちの心の音」に行って来ました♪

    イベントの紹介ページ

    実は、このイベントがあることは直前まで知らず、トークショーに出演される秋野暢子さんがFBに情報を流しておられたのを見て知り、言ってみることにしました♪

    「NEVER FORGET 東北」は俳優の柴俊夫さんの呼びかけで始まった震災復興支援プロジェクトだそうで、全国各地で精力的にチャリティーイベントを行われているとのこと。

    会場では、「俳優たち自らが撮影した絵画展」のほか、「トビー・マーシャル写真展」、「渡辺貞夫写真展」、「写真のチカラ」、「子どもたちの心の音―被災地より―」も行われていて、どの作品も興味深く、拝見しました。

    トークショー「子どもたちの心の音」は、午後2時から1時間弱行われましたが、話の大半は、書家の矢野きよ実さんが、実際に東日本大震災の被災地で行われてきた「書」を通じての活動報告で、地震と津波で被災したこどもたちの心の音が、ひしひしと伝わってくる心打たれるお話しでした。 

    私は阪神大震災で被災した友人のアドバイスにしたがって、被災地に行って演奏するという形ではなく、チャリティーコンサートを通じて、義援金を送る活動を続けて来ましたが、矢野きよ実さんがされているような現地に行って、被災したこどもたちの心の音をきく活動も、本当に大切なんだということを、改めて思いました。

    今日、お話された矢野きよ実さんも秋野暢子さんも柴俊夫さんも、震災のことを忘れないで活動していくことの重要性を繰り返し述べておられましたが、本当にその通りだと思います。私も元気をもらえるお話が聴けて、聴きに行って本当に良かったと思います!

    私も自分にできること、これからも続けていきたいと思います。お知らせ下さった秋野さんに感謝です♪

  • 今年も残り少なくなりましたが。。

    Posted on 12 月 27th, 2011 藤井 恒 No comments

    クリスマスも終わり、今年も残り少なくなりましたが、

    私は30日まで冬期講習、頑張ります♪

    今年は3月11日の東日本大震災の後、京都にいる私の生活も激変しました。

    不況の影響もあり、本業の方は正直、だめだめでしたが、

    自分たちにできることから・・・と集まった音楽家の皆さんと、

    東日本大震災支援チャリティーコンサートを頑張った1年でもありました♪

    今年最後のチャリティーコンサートは、私の誕生日だったのですが、

    自分のお祝いよりももっと有益なことをという気持ちもあって、この日を選びました♪

    会場ではそのことには触れず、当日はちゃんとした打ち上げもしませんでしたが、

    フェイスブックのお友達からは、日本語、英語、フランス語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語など、

    世界中からたくさんのお祝いメッセージを頂いて、

    今まででいちばん幸せな誕生日になったような気がします♪

    昨日は、かつて在籍していた弘混(弘前大学混声合唱団)から1月にある定期演奏会の招待状と一緒に、

    再来年1月13日に予定されている現役・OB合同の50回定期演奏会の案内が届きました。

    世話役は2年上の団長だった 森じゅん さん。懐かしくて、メールを送りしたら、

    夜中に返信があったのですが、夜、帰宅してから3時間も雪かきをしていたとか。。。(T_T)

    青森は大雪で大変だとういうことをすっかり忘れてしまっていました。

    でも、懐かしい私の名前(メール)を見て、疲れが吹き飛んだと書いて下さっていて、嬉しかったです♪ 

    今年の漢字は 「絆」 でしたが、まさにたくさんの 「絆」 を感じた1年でした。

    来年以降も、可能な限り、支援チャリティー活動を続けて行きたいと思います♪

    次は、2月か、3月に開催する方向で準備を始めています。

    詳細が決まりましたら、ご案内しますので、よろしくお願いいたします♪

  • 東北関東大震災

    Posted on 3 月 26th, 2011 藤井 恒 No comments

    東北関東大震災が起こって、2週間が経ちました。

    地震が起こった時、私は自宅にいたのですが、

       長周期の大きな横揺れが来て、とても大きな地震が起こったことがわかりました。

    で、すぐにネットとテレビ(NHK)をつけたところ、

       三陸沖で大地震が起こって、大津波警報が出たことを知りました。

    その後、NHKで大津波が次々と襲来する様子が映し出され、

       思わず、「逃げて!!」と言うしか、ありませんでした・・・(T_T)

    あの日は、夜、大阪梅田で授業があったのですが、

       あまりの大津波に、万一、大阪にも2m以上の津波が来ると危険だと思い、

       当日の授業は、私の独断で休講にしました。

    結果的には、大阪では最大60cmの津波だったので、大丈夫でしたが、

       万一のことを考えて休講にしたことは間違っていなかったと思っています。

    私は弘前に住んでいたこともあり、東北にも親戚や友人や知人がかなりいますが、

       ようやく、ほぼ全員の無事が確認でき安堵したところです。

    もちろん、家や職場を失ったり、自宅が被害を受けた方もおられますが、

       生きていることが何より大事なことです。

    仙台以北の太平洋岸はほぼすべて車で走ったことがあって、

       特に、岩手県の宮古付近から北には何度も行っています

    ので、今回の津波後の惨状に、言葉がありません。

       お名前は知らないけれど、調査や撮影でお世話になった方々も少なくない

    ので、その方々の安否も心配ですが、調べる術がありません (T_T)

    今回の大震災では東京などでも被害が出ましたし、

       被害を受けなかった私たちが頑張って支えていかないとダメです。

    一人一人ができることから・・・ということで、

       神戸や大阪の音楽家の皆さんと一緒にチャリティーコンサートを行うことにしました。

    詳細はこれから詰めていきますが、

       2011年5月15日(日) に 神戸のロッコーマンホール で 歌、フルート、ヴァイオリン、ピアノなど

    のコンサートを行います。詳細は、決まり次第、こちらのサイトに載せていきますので、

       お近くの方は、是非、聴きにいらしてください♪

  • 蔵王に来ています♪

    Posted on 3 月 6th, 2011 藤井 恒 No comments

    昨日から山形県の蔵王温泉スキー場にスキーに来ています♪

    といっても、昨日は移動日だったのですが・・・(^_^;

    今までは日本海側を通って来たのですが、

      東京の首都高速経由で東名から東北道に行けるようになった

    ので、昨日は初めて東京経由で

      名神→新名神→東名阪→伊勢湾岸→東名→首都高→東北道→山形道

    という経路を通って蔵王温泉までやってきました♪

    途中、東名でちょっと渋滞していたところがありましたが、

    他は順調で、お天気もよく、

      富士山もよく見えていた

    ので、ついつい

      富士川SAで富士山の撮影など

    してしまったため、予定より1時ほど遅れて蔵王温泉に着きました (^_^;

       蔵王には3年前にもスキーに来た

    のですが、その時より、雪が少ないようした。

    今日は、朝、最初に樹氷を見ようと上まで行ったのですが、

       雲の中で視界が悪く、おまけに風も強い吹雪状態

    だったので、

       樹氷をみるどころが、自分が樹氷になってしまいそう・・・

    な状態で、午後は諦めて、中腹よりしたの方のゲレンデで滑りました (^_^;

    明日も同じような予報なので、

       前回来たときのような美しい樹氷の海を見ることはできないかも・・・

    です。。。(T_T)

  • 岩手山がきれいでした

    Posted on 3 月 22nd, 2009 藤井 恒 No comments

    盛岡から京都に帰ってきました。

    昨日の盛岡は、朝から青空が広がり、岩手山がとてもきれいに見えていました。
    こんなきれいな岩手山を見るのは、久しぶりですが、
    暖冬のせいで、今年は既に山頂付近が真っ白ではありません。

    弘前から来られていた親友の工藤忠さんのお話では、
    青森でも雪が少なく、

      八甲田山で、例年は8mの積雪がある場所に4mしかない

    と仰っていました。それでも、岩木山の山頂付近はさすがに真っ白だそうです。

    結局、盛岡、滞在中、一度も雪に降られることもなく、
    京都に比べれば気温は低いものの、思っていたほど、寒い思いもせず、
    快適に過ごすことができました。

    チョウ類の保全活動に関する企画集会もあり、有意義な議論や情報交換ができて、
    充実した3日間でした。

  • 日本生態学会の懇親会

    Posted on 3 月 20th, 2009 藤井 恒 No comments

    今日は、日本生態学会の総会などのほか、公開講演会が盛岡駅近くの

      マリオス 盛岡市民文化ホール大ホール
      アイーナ 会議室

    で行われ、懇親会がホテルメテロポリタン盛岡NEW WINGで行われました。

    懇親会で乾杯の挨拶をされた川那部浩哉さん(琵琶湖博物館館長)のお話によると、
    今回の大会の参加者は、2000人を越え(!)、懇親会の参加者も700人もいたそうです。

    川那部さんも昔の話をされておられましたが、
    私が京大大学院に入った頃の日本生態学会は小さな学会でしたので、
    本当に隔世の感があります。

    大きな学会になったおかげで、講演の内容も多岐にわたり、非常に面白いのですが、
    反面、規模が大きすぎて、聴きたいのに聴けない講演があったり、
    懇親会で話をしたい人をなかなか見つけられない・・・・なんて問題も起こります。

    生態学会では、面識がある人よりも、面識がない人の方がはるかに多いので、
    懇親会では、ふつうは私があちこち歩き回って、お話をしたい人を見つけて、
    声をかけることが多いのですが、今年は最初から大阪府立大の石井実さんと
    お話を始めたこともあって、私はテーブルを移動することもなく、
    東北大の河田雅圭さんや筑波大の渡辺守さんなどと、
    お話をすることができました。

    ただ、自分から動き回らなかった分、例年よりも懇談できた人の数が
    少なかったですし、懇親会でお話をしようと思っていたのに、
    結局、お目にかかることができない人も何人かできてしまいました。

    例年と違って、事前に外国人の参加者の講演(口頭・ポスター)を
    聴いていなかったので、外国人の方とお話をする機会がありませんでしたが、
    生態学会の大会に参加して、英語を喋らなかったのも珍しいことです。

    明日は、私が企画したチョウの保全に関する企画集会があります。

  • 今日は雨・・・雪がない、今年の盛岡

    Posted on 3 月 19th, 2009 藤井 恒 No comments

    日本生態学会の大会に参加するため、岩手県盛岡市にやってきましたが、

      雪がない! 

    のにまず驚きました。代わりに、雨がパラパラと・・・・
    ふつうの年なら雪でもおかしくないと思うのですが、
    やはり 暖冬 なのでしょうね。

    今日は、S23 トキ野生復帰の最前線 というシンポジウムの公演を聴いて、2点ほど質問したほか、
    U03 生態教育フォーラム に話題提供者(演者)の一人として参加してきました。

    参加者はちょっと少なめでしたが、半数くらいは若い院生の人で、
    その後、先ほどまでやっていた懇親会も含め、有意義な議論ができたと思います。

    今日の会場は、岩手県立大学でちょっと遠かったのですが、
    明日の会場は盛岡駅の近くですし、懇親会場は宿泊しているホテル内なので、
    ちょっとゆっくりできそうです。

  •   岩手県平泉

    Posted on 8 月 20th, 2007 藤井 恒 No comments

    今日は、最近、恒例になっているアサギマダラの
    東北での調査のため、京都から陸路弘前まで、1150kmほど
    移動した。途中、アサギマダラを調べるほどの時間はとれないので、
    岩手県平泉町に立ち寄り、見たことがなかった中尊寺と毛越寺の
    拝観をしてきた。
    最初に行った毛越寺が思っていたよりも、よい被写体が多く、
    ついつい長居をしてしまい、中尊寺の宝物殿と金色堂は
    閉館ぎりぎりに滑り込んだので、ゆっくり鑑賞とはいかなかったが、
    思っていたよりもずっとよかったので、いずれ機会をつくって、
    じっくり拝みたい。
    ちなみに、宝物殿の収蔵物や金色堂は撮影禁止だった。
    ところで、毛越寺にも、中尊寺でもヒヨドリバナが咲いていたが、
    ここにもアサギマダラは来ることがあるのだろうか・・・?