その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • ゆれる高校日本史の教科書検定

    Posted on 10 月 1st, 2007 藤井 恒 No comments

    高校の日本史の教科書検定で、
    沖縄戦で沖縄の住民が多数集団自決した問題で、
    日本軍による自決の強制があったという記述が削除された
    ことがわかり、沖縄では11万人が抗議集会に集まるなど、
    検定の撤回を求める声が大きくなっている。
    日本軍による正式な命令があろうとなかろうと、
    当時の沖縄では、当時の日本政府の国策によって、
    最後は自決せざるを得ない状況に置かれていたのは、
    疑いもない事実だろう。
    悲惨な戦争が終わってから、年月が経って、
    当時を知る人が少なくなりつつある今こそ、
    私たちは、私たちの政府や軍隊が行った施策や行動を
    再確認しておく必要があるし、子供たちにも伝えて
    いかなければならない。
    そうでなければ、戦争の悲惨さはどんどん風化していき、
    再び誤った道へ歩み始めるかもしれない。
    文部科学省の検定官は、我が国の歴史をできるだけ
    美化して子供たちに伝えないのかも知れないが、
    そんな 見せかけだけの「美しい日本」などいらない。
    醜い姿をしっかり見据えてこそ、真の「美しい日本」を
    築き上げることができるのでは ないだろうか?