その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 想定外の(?) プログラムミス

    Posted on 12 月 25th, 2005 藤井 恒 No comments

    昨日(12月24日)行われたフィギュアスケート・全日本選手権で、
    男子の優勝者を表彰式終了後に変更するというハプニングがあった。
    男子のフリー演技終了後に、織田信成選手が優勝と発表され、
    表彰式まで行われたが、その後、減点しなければならない点数が減点されずに
    集計されたため、本来1位であるべき高橋大輔選手と順位が逆になってしまった
    というのだ。
    原因は、コンピュータのプログラムミスに、人為的ミスが重なったものだというが、
    選手の方はたまったものではないだろう。
    先日あった「みずほ証券」の株問題でも、
    人為的ミスに東京証券取引所のコンピュータのプログラムミスが
    重なって、大騒ぎになった。
     人は必ずミスをする。
     人が作った機械(ハード)にもミスはある。
     人が作ったプログラムにも当然、ミスはある。
    という当たり前のことを忘れてはいけないということだ。
    姉歯設計事務所によるマンションやホテルの構造計算書の偽装問題は、
    これに悪意が加わったものだから更にたちが悪いが、
    悪意があろうとなかろうと、検査機関は
     人にはミスはあるものだ
    という前提にたって、仕事をしなければならないのだ。

    Leave a reply