その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • アサギマダラの最長移動記録など

    Posted on 12 月 8th, 2006 藤井 恒 No comments

    このところ、超多忙状態が続いていたため、
    ブログの更新ができませんでしたが、
    この間に、アサギマダラの長距離移動記録が更新されるなどして、
    新聞各紙で、私たちの調査を紹介して頂きました。
    1つは、8月下旬に東北に調査に行った際、
    蔵王で長男の大樹が放蝶したアサギマダラが
    沖縄県与那国島で再捕獲され、今までの最長移動記録を
    久しぶりに更新した記録です。
    移動距離は最短距離でおよそ2246kmでした。
    これは読売新聞、朝日新聞、京都新聞、山形新聞、河北新報などで
    記事として紹介して頂きました。
    もう1つは、長野県大町市で、西川さんが放蝶された個体が、
    台湾南東部にある蘭嶼島で見つかった記録で、
    上記の最長移動記録には僅かに及びませんでしたが、
    台湾へ移動した個体としては、最長移動例で、
    さらに南のフィリピン北部などへもアサギマダラが
    移動していることを確信させる重要な記録となりました。
    蔵王では、私たち家族以外にも、地元宮城県や山形県の
    皆さんが地道な調査を続けておられ、南西諸島への
    移動例が今年も複数出ています。
    また、蔵王で放蝶されたアサギマダラは、
    長野県大町市でも再捕獲されていますから、
    東北などの個体もきっと台湾まで飛んでいるに
    違いありません。
    アサギマダラの移動、特に秋の南下については、
    かなりわかってきたとはいうものの、
    まだまだ調べなければいけないことがあるようです。

    Leave a reply