その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 久間防衛相の「原爆投下はしょうがない」発言

    Posted on 7 月 2nd, 2007 藤井 恒 No comments

    久間章生防衛相が6月30日の講演で、
    第二次世界大戦でアメリカが広島・長崎に原爆を投下したのを
    「しょうがない」と発言したことについて、批判が集まっている。
    久間氏は、「説明が不十分だった」とか「誤解を招いた」などと言い訳をしているようだが、
    「原爆投下がしょうがなかった」などいう発言は、日頃からそのように思っていなければ
    出てくるはずのはい発言だ。
    こともあろうに、被爆地長崎2区選出の衆議院議員で、防衛省大臣でもある久間氏の発言だから、
    失言では許されない。

    Leave a reply