その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • ミャンマーの射殺された日本人は、狙い撃ちだった?!

    Posted on 9 月 29th, 2007 藤井 恒 No comments

    ミャンマーでデモの取材中に死亡した
    日本人ジャーナリストの長井健司さんが
    銃撃される前後の映像や写真が
    テレビや新聞で報道された。
    日本のマスコミがこういう残酷な場面を
    モザイクもかけずに報道するのは珍しいことだが、
    報道された映像などを見ると、
    ビデオカメラを構えた長井さんを
    正面のしかも至近から銃撃したのは自明だ。
    カメラを構えていると、武器を持っていると勘違いされて
    撃たれるということは、過去にも時々起こっているので、
    今回もそれかな。。。と想像していたのだが、
    どうもそうではなく、撮影をしていることを承知の上で、
    狙い撃ちしたように見える。
    例によって、日本政府は慎重な姿勢をとっているが、
    僧侶も暴行を受けた上、多数拘束され、死者の数も
    報道されているより、多い可能性がある。
    このまま放置しておくと、ミャンマーの市民の犠牲者は
    もっと増えてしまうのではないだろうか。
    今回は ミャンマー政府に強く抗議するだけでなく、
    制裁措置などをすべきだと思う。
    話し合いで、平和的に解決されるのがいちばんよいが、
    民主主義を弾圧してきた軍事政権の指導者は、
    自分たちが政権を追われれば、後から訴追されなど、
    責任を問われることを恐れているハズで、
    自ら進んで政権を民衆に渡すことはしないだろう。

    Leave a reply