その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • なぜ靖国神社参拝をやめないのか?

    Posted on 5 月 24th, 2005 藤井 恒 No comments

    日本を訪問していた中国の呉首相が、小泉首相との会談をキャンセルし急遽帰国したのは、やはり「首相らが靖国神社参拝を継続すると発言したことが原因だった。
    靖国神社へのA級戦犯合祀を止めるなり、靖国神社とは別に戦没者慰霊碑をつくるといったことが過去に検討されたようだが、結局何もしないまま、ずるずると年月だけが流れてきた。中国や韓国などが、日本の首相や閣僚の靖国神社参拝に強く反対するのは内政干渉だという意見もあるのは承知しているが、戦争で多大な迷惑をかけた日本の隣国の人たちが「A級戦犯を合祀している靖国神社に参拝して欲しくない」という意思を明確に示しているのに、敢えて靖国神社に参拝する小泉首相らの神経は理解できない。日中関係や日韓関係を悪化させている責任のほとんど全ては、小泉首相にあるのではないかと思う。
    小泉氏が首相になってから、何度となく繰り返されてきた首相の靖国神社参拝やそれに関連する発言によって、何度隣国との関係が悪化したことだろう。私は、数年前、小泉首相宛に「靖国神社参拝は止めるべきだ」という意見をメールで送ったことがあるが、今回はWEB上で苦言を呈しておきたい。

    Leave a reply