その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 茨城県国民健康保険料団体連合会の職員による10億円の着服事件の呆れた記者会見

    Posted on 4 月 23rd, 2008 藤井 恒 No comments

    茨城県国民健康保険団体連合会の職員が、

    10億円を着服したことが、昨日のニュースで報道されていた。
    この職員は着服したお金を競艇に使ったと話していたというが、
    3年間で10億円ものお金を銀行口座から
    引き出されていたにも関わらず、
      この男性が上司に宛てた手紙を見るまで、
      全く気づかなかった
    という、信じられない説明を
    連合会の記者会見でやっていた。
    記者会見では、
      この男性を信じ切っていた・・・
    などとも説明していたが、
    こんな言い訳は通らない。
     10億円の賠償はこの男性に求めることになるが、
     全額回収することは難しいと思う
    とも言っていたが、
    記者会見にのぞんでいた役員や上司にも、
    管理責任があることを忘れているような会見で、
    ことの重要性を本当に判っているのだろうかと
    疑念を抱かざるを得ないものだった。

    Leave a reply