その日あった出来事や事件、ニュースなどについての意見やコメントを書いています。
RSS icon Email icon Home icon
  • 日高敏隆先生 お別れの会

    Posted on 2 月 10th, 2010 藤井 恒 No comments

    2月7日の日曜日に、京都グランドプリンスで昨秋、お亡くなりになった
    恩師の日高敏隆先生のお別れの会がありました。

    全国からたくさんの人が集まって、本当に賑やかな会になりました♪

      ・・・先生は、こういうのがお好きでしたから、
         天国できっと喜んでおられたはずです♪

    私は、開会前に奥様にご挨拶をすることができたのですが、
    あまりに参加者が多かったため、タイミングを逸して、
    奥様にご挨拶ができなかった方もおられました。

    会場には大きな祭壇がもうけられていて、
    一人一人、胡蝶蘭の花を祭壇にお供えして、お祈りしました。

    お別れの会は、

      今福道夫さん

    のご挨拶で始まり、

      嘉田由紀子さん(滋賀県知事)、門川大作さん(京都市長)

    らの挨拶などがあり、その後、軽食をとりながらの懇談が始まりました。

    その後、日高先生が子供の頃からの写真をスクリーンに映し出しながらのスライドショーがあって、

    先生と親しかった

      山下洋輔さん と 坂田明さんのライブ演奏

    が始まりました♪

    お二人のライブ演奏は前にも聴いたことがありますが、
    今回のがいちばん迫力がありました♪

        昨日、日高先生の奥様と電話でお話をしたのですが、奥様は

             「天にも昇るような演奏でした」

        と仰っていました!

    ものすごく久しぶりに会った人も何人もいたのですが、

      えっ、これがあの人・・・と、言葉を失う場面も・・・(^_^;

    私は撮影の合間にお話をすることしかできなかったので、

       ちょっと忙しいので後で・・・

    と言ったまま、結局、お話ができなかった方も何人かおられて、
    大変失礼をしてしまいました m(_)m

    会場を後にするときに、日高先生が書かれた本がランダムに1冊ずつ入った袋を頂いたのですが、私の袋には

       ネコはどうしてわがままか 新潮文庫

    が入っていました。先生はネコが大変お好きでしたが、私もネコ好きだったので、
    先生と飲みに行くと、チョウチョの話と、ネコの話をいつもしていたような気がします♪

    この文庫本の巻末には、「お別れの会」でライブ演奏をされた

       山下洋輔さんによる解説

    も載っていて、よい本を頂いたと思います。

    昨日は、思いがけず、日高先生の奥様からお電話を頂きましたが、

       日高先生がやっておられたある子供向けの本の監修

    の仕事の続きをやりませんか・・・というお話でした。

    先生がお亡くなりになる前にも、翻訳本の監修のお仕事のお手伝いをさせて頂きましたが、
    お亡くなりになった後も先生と一緒にお仕事ができるのかな。。。と思うと、
    責任も感じますが、何かとても嬉しい気分です♪

    Leave a reply