• チョウ類保全情報
  • 絶滅に瀕するチョウ
  • 出版物
  • 新宿御苑写真展ギャラリー
  • 掲載メディア
  • お問い合せ












































































































































チョウ類保全NEWS        

イベント案内


2016.5.1 春の裏高尾・チョウの観察会

 春の日差しに誘われて、チョウが舞う季節になって参りました。
 今年も、春のチョウの観察会を東京都の裏高尾・木下沢林道で開催いたします。
 昨年は、アオバセセリ、スミナガシなど33種類ものチョウを観察できました。
 今年も、皆さまと一緒にたくさんのチョウを観察できることを楽しみにしております。
 皆さまのご参加をお待ちしています。

 どなたでも参加できますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

○日時:2016年5月15日(日) 雨天中止
○対象:大人・小学生以上の子ども(小中学生は保護者同伴のこと)
○募集人数:先着40名ほど(事前の申込が必要です) 
○参加費用:500円(別途バス代往復500円程度)
     子どもは100円(中学生まで)
○集合場所:JR高尾駅北口改札出口に午前8:20集合
      保全協会のスタッフがお待ちしています
      集合した後、バスで現地まで移動します
      (高尾駅→大下バス停 8:32発の小仏行きのバスに乗車予定)
○持 ち 物:弁当、水筒、メモ帳、筆記用具、クリップボード、雨具
      (あれば:双眼鏡、カメラ、図鑑)
     ※現地のトイレは有料です。1回利用につき200円となりますので、
       小銭をご用意ください。
○服装:林道歩きに適した服装と靴
○解散:現地で15:00頃

  ◎ 参加申し込み先メールアドレス:jbutterflyconservation@gmail.com(事務局 井上晴子あて)

   申し込みのメールには、以下のことを明記ください。
     (1) 参加者氏名および会員の有無
     (2) 当日連絡がとれる電話番号
     (3) その他、物品購入希望など、ご記入ください

   なお、募集の定員に達した時点で、募集を打ち切らせていただきますので、お申し込みはお早めにお願いします。
  皆様のご参加をお待ちしています。

2015.3.18 庭のチョウ類調査のサイトがオープンしました

 日本チョウ類保全協会では、2013年から「庭のチョウ類調査」を実施して います。もっとも身近な環境である庭でのチョウの調査を通して、自然環境の全国的な変化をとらえることが主目的ですが、同時に調査を通して自然への関心が高まり、様々な変化に気づく「たくさんの目」を養う取り組みでもあります。
 これまでは、調査を紙に記録して郵送する形で行ってきましたが、より気軽にご参加いただけるよう、このたび、インターネット上で参加できるウェブサイトをオープンしました。このサイトでは、調査への参加や結果の報告のほか、全体の調査結果についても、参加者がリアルタイムで参照できるようになっています。
 自然界を多くの目で調べることにより、全国的な動向をつかむことができます。チョウという身近な生きものから、自然環境の変化をとらえることで、より大きな生物多様性の保全へとつなげていきたいと考えています。
 庭のチョウ類調査では、調べる時間や回数は自由です。ぜひお気軽にご参加ください。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。


 ⇒    庭のチョウサイトへ

  • 2012.4当協会編集のチョウのフィールド図鑑が4月24日に発刊されました

 4月24日に誠文堂新光社より「フィールドガイド 日本のチョウ」が発刊されました。
 この本は、チョウの観察をこれから始める方々を対象とした本で、種類や♂♀の識別をわかりやすく解説したものです。
 野外での生態写真を元にした図鑑です。
 3年間のプロジェクトで、会員の方々を中心に写真につきまして、多くの方にご協力をいただきました。
 下記のバナーより、ご購入をお願いいたします。