• チョウ類保全情報
  • 絶滅に瀕するチョウ
  • 出版物
  • 新宿御苑写真展ギャラリー
  • 掲載メディア
  • お問い合せ


















































































































































































チョウ類保全NEWS        

イベント案内

2017.2.11

  第13回 チョウ類の保全を考える集い

 チョウや生物多様性の現状と保全に関するイベント、「チョウ類の保全を考える集い」を、今年も下記の要領で開催します。
 どなたでも参加できますので、多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時: 2017年2月11日(土) 10:30~17:45
会場: 国立オリンピック記念青少年総合センター(東京都代々木)
                 研修室416(センター棟4階)
プログラム
10:00~     チョウ類の保全を考える集い 受付開始
10:30~10:45  開会 代表理事あいさつ 諸注意
10:45~11:50  外来種はなぜ悪いのか~昆虫の世界に見る外来種の影響~
            「昆虫の世界で起こっている外来種問題」
                岸本年郎氏(ふじのくに地球環境史ミュージアム)
            「アルゼンチンアリは何を起こしているのか」
                砂村栄力氏(アリ研究家)
11:50~13:00  昼食 (会員総会 11:50~12:30)
13:00~14:30  韓国におけるチョウの現状と保全
                金 聖秀(Kim, Sung-Soo)氏
                 (Research Institute for East Asian Environment and Biology)
14:30~15:10  かつての自然の「豊かさ」~チョウから描く環境の変化~
                高橋 昭氏(名古屋昆虫同好会)
15:10~15:40  休憩 30分 (協会ボランティア説明会)
15:40~16:30  チョウ類の保全活動報告
            「長野県飯山のオオルリシジミ」   
                福本匡志氏(北信濃の里山を保全活用する会)
            「オガサワラシジミの生息域外保全の取り組み」 
                石島明美・古川紗織氏(多摩動物公園)
16:30~17:45  保全協会の保全活動の状況と今後の方向性
           絶滅危惧種の保全(ツシマウラボシシジミ、ウスイロヒョウモンモドキほか)
           庭のチョウ類調査 ほか
17:45      閉会
18:00~20:00  懇親会
              ※懇親会場 カフェ・フレンズ センター棟2F TEL:03-3467-7203
参加申し込み:
 参加費:1,000円 
 関心のある方は、どなたでもご参加できます。
 参加する際、事前の申込みは必要ありません。当日会場にお越しください。
 また、終了後、18:00から同施設内のレストランにて懇親会を開催します(会費3,500円)。
 懇親会に参加を希望される方は、必ず2月5日までに事前の申し込みをお願いいたします。
   申込み先:事務局 井上宛 Email: jbutterflyconservation@gmail.com



会場までの道順: 
国立オリンピック記念青少年総合センター
             東京都渋谷区代々木神園町3-1  TEL03-3469-2525)
   会場は、センター棟4階の研修室416です。オリンピックセンターは広いですが、施設の
   案内は充実しており、すぐにわかるようになっています。

●鉄道利用の場合
 小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分 (急行は停車しないため、各駅電車を利用のこと)
 乗車時間の目安:新宿-参宮橋間は、小田急線で約5分。

●車利用の場合
 都高速4号線 代々木ランプより(三宅坂方面のみ) 約100m、
 初台ランプより(高井戸方面のみ) 約2km、
新宿ランプより(大型バスの場合) 約2km。
※駐車場はありますが、駐車料金もかかります(30分150円)ので、
できるだけ公共交通機関でお越しください。

2017.1.2-2.27

  第1回 関西地区写真展『チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~』

  当会による写真展を、関西地区では初めて、伊丹市昆虫館との共催により下記の要領で開催します。
 チョウの生態写真(約60 点)やチョウの保全に関するパネルを展示するとともに、期間中、展示室内の大型テレビで「関西の美しいチョウ」及び「ウスバシロチョウが消えた」などのテーマでデジタルスライドショーを行う予定です。
 地元のチョウの魅力を知っていただくとともに、チョウが減少している状況、自然環境の現状や保全の課題について知るきっかけとなりましたら幸いです。
 ご家族やご友人をお誘いの上,是非お越し下さい。
 

プチ展示「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~」
 日時:2017年1 月2 日(月)~2 月27 日(月)
      9:00 ~ 16:30(入館受付は16:00 まで,最終日は15:00 まで)
     休館日:火曜(祝日にあたるときは翌日、1 月3 日は開館)。その他臨時休館日あり
 場所 : 伊丹市昆虫館
      2 階第2 展示室
     ※入場無料(ただし,昆虫館への入場料が必要です)
 アクセス:

 < 電車 > JR 宝塚線・伊丹駅,または阪急伊丹線・伊丹駅下車.伊丹市営バス乗り換え.
 < バス > JR 伊丹駅前4番乗り場,または阪急伊丹駅前4番乗り場から市バスに乗車し,
       「松ヶ丘」バス亭下車,公園内散策道徒歩約10 分.もしくは「玉田団地」バス停
       下車,徒歩約3分.
       JR 中山寺駅前1番乗り場から市バスに乗車し,「松ヶ丘」バス停下車.
 < 車 > 国道171 号伊丹市役所前交差点を北進し,昆陽池北交差点および中野大橋南詰を
      それぞれ左折し,公園西側の「昆陽池公園駐車場」をご利用下さい.

 内容:チョウの生態写真・チョウの保全に関するパネル・スライドショー
ほか
     
ミニ講演会も予定しており、詳細が決まり次第お知らせします。

2017.2.4第7回 関西・中国地区のチョウ類の保全を考える集い

 チョウや自然環境の保全を考える「チョウ類の保全を考える集い」を下記の要領にて 開催いたします。
 近年、ニホンジカの増加によりさまざまな問題が発生していますが、今回はチョウの生態にどのような影響を与えているかに焦点を当ててみました。
 ご興味・ご関心のある方はどなたでも参加できますので、是非ご参加下さい。なお事前の申し込みは不要です。 (懇親会参加者のみ要申込み)。

 日時 : 2017 年2 月4 日(土) 13:00~17:00
 場所 : 大阪市立自然史博物館 集会室
 参加費 :  300 円(+博物館の入館料300 円)

【プログラム】
 
13:00 開会 (12:30 受付開始)
 13:00  開会挨拶
 13:10~14:00
 基調講演 「シカの増加によって生じている生態系異変と生物多様性回復の試み」
       京都大学 農学部 森林科学科 高柳敦先生
 14:00~14:50 近畿地方のウスバシロチョウ産地の現状
            京都府・滋賀県・福井県の現状:小野克己氏
            兵庫県の現状:近藤伸一氏

   <14:50~15:00 休憩>

 15:00~15:30 西日本のギフチョウ産地の現状について 永幡 嘉之氏
 15:30~16:10 近畿地方・中国地方のシカの食害によるチョウへの影響
            奈良県の現状:伊藤ふくお氏
            中国地方の現状:田村昭夫氏
 16:10~16:40 総合討論:コーディネーター 鎌田邦彦氏
 16:40~17:00 日本チョウ類保全協会の紹介及び活動報告 中村康弘氏

 17:00 閉会
 18:00 頃 ~ 懇親会 

 詳しくは、こちらをご覧ください

会場のご案内:

 会場:大阪市立自然史博物館 集会室
 〒546-0034 大阪市東住吉区長居公園1-23 TEL:06-6697-6221
会場へのアクセス
 ☆地下鉄御堂筋線「長居(ながい)」駅 → 南改札口3 号出口から東へ約800m
 ☆JR 阪和線「長居」駅 → 東出口から東へ約1km
 ☆近鉄南大阪線「矢田」駅 西へ約1.8km
 ☆マイカー
  南駐車場(最寄)、地下駐車場、中央駐車場(大型バス・自動二輪可)があります。
 
 詳しくは長居公園地下駐車場TEL:06-4700-4580
  会館有料駐車場42 台収容 料金20 分130 円
懇親会

 会費 : 3000 円 (予定)
 参加希望者は2 月1 日までに、下記まで必ずご連絡をお願いします。
 (会費は当日会場で徴収します)
 申し込み先は森地 papiliomorichi@leto.eonet.ne.jp または090-4292-5897 まで


 

2015.3.18 庭のチョウ類調査のサイトがオープンしました

 日本チョウ類保全協会では、2013年から「庭のチョウ類調査」を実施して います。もっとも身近な環境である庭でのチョウの調査を通して、自然環境の全国的な変化をとらえることが主目的ですが、同時に調査を通して自然への関心が高まり、様々な変化に気づく「たくさんの目」を養う取り組みでもあります。
 これまでは、調査を紙に記録して郵送する形で行ってきましたが、より気軽にご参加いただけるよう、このたび、インターネット上で参加できるウェブサイトをオープンしました。このサイトでは、調査への参加や結果の報告のほか、全体の調査結果についても、参加者がリアルタイムで参照できるようになっています。
 自然界を多くの目で調べることにより、全国的な動向をつかむことができます。チョウという身近な生きものから、自然環境の変化をとらえることで、より大きな生物多様性の保全へとつなげていきたいと考えています。
 庭のチョウ類調査では、調べる時間や回数は自由です。ぜひお気軽にご参加ください。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。


 ⇒    庭のチョウサイトへ

  • 2012.4当協会編集のチョウのフィールド図鑑が4月24日に発刊されました

 4月24日に誠文堂新光社より「フィールドガイド 日本のチョウ」が発刊されました。
 この本は、チョウの観察をこれから始める方々を対象とした本で、種類や♂♀の識別をわかりやすく解説したものです。
 野外での生態写真を元にした図鑑です。
 3年間のプロジェクトで、会員の方々を中心に写真につきまして、多くの方にご協力をいただきました。
 下記のバナーより、ご購入をお願いいたします。