• チョウ類保全情報
  • 絶滅に瀕するチョウ
  • 出版物
  • 新宿御苑写真展ギャラリー
  • 掲載メディア
  • お問い合せ


















































































































































































チョウ類保全NEWS        

イベント案内

2017.2.25

  日本チョウ類保全協会・伊丹市昆虫館 連携企画

   講演会「消えゆくチョウたちを知る・撮る・守る」

  チョウが減少している現状を知って頂き、生物多様性の保全について一緒に考える
 講演会です。また、チョウにより親しんでもらうための撮影テクニックについても紹介します。

講演内容
(1)近畿地方から消えゆくチョウ(森地 重博)
(2)近畿地方北部のウスバシロチョウ産地の現状-特に鹿の食害の影響について(小野克己)
(3) チョウの写真撮影法-入門から目標を立てた撮影まで-(三輪成雄)

日時: 平成29年2月25日(土) 14:00〜15:30(開場 13:50)
場所: 伊丹市昆虫館 1階映像ホール
          兵庫県伊丹市昆陽池3-1 http://www.itakon.com/
参加費: 無料(入館料は別途必要)
申込方法: 予約不要・当日先着70名

 その他:講演会終了後、開催中のプチ展示「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウ を守る~」(伊丹市昆虫館・チョウ類保全協会共催)のギャラリートークも開催いたします。




2017.1.2-2.27

  第1回 関西地区写真展『チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~』

  当会による写真展を、関西地区では初めて、伊丹市昆虫館との共催により下記の要領で開催します。
 チョウの生態写真(約60 点)やチョウの保全に関するパネルを展示するとともに、期間中、展示室内の大型テレビで「関西の美しいチョウ」及び「ウスバシロチョウが消えた」などのテーマでデジタルスライドショーを行う予定です。
 地元のチョウの魅力を知っていただくとともに、チョウが減少している状況、自然環境の現状や保全の課題について知るきっかけとなりましたら幸いです。
 ご家族やご友人をお誘いの上,是非お越し下さい。
 

プチ展示「チョウが消えてゆく~絶滅の危機にあるチョウを守る~」
 日時:2017年1 月2 日(月)~2 月27 日(月)
      9:00 ~ 16:30(入館受付は16:00 まで,最終日は15:00 まで)
     休館日:火曜(祝日にあたるときは翌日、1 月3 日は開館)。その他臨時休館日あり
 場所 : 伊丹市昆虫館
      2 階第2 展示室
     ※入場無料(ただし,昆虫館への入場料が必要です)
 アクセス:

 < 電車 > JR 宝塚線・伊丹駅,または阪急伊丹線・伊丹駅下車.伊丹市営バス乗り換え.
 < バス > JR 伊丹駅前4番乗り場,または阪急伊丹駅前4番乗り場から市バスに乗車し,
       「松ヶ丘」バス亭下車,公園内散策道徒歩約10 分.もしくは「玉田団地」バス停
       下車,徒歩約3分.
       JR 中山寺駅前1番乗り場から市バスに乗車し,「松ヶ丘」バス停下車.
 < 車 > 国道171 号伊丹市役所前交差点を北進し,昆陽池北交差点および中野大橋南詰を
      それぞれ左折し,公園西側の「昆陽池公園駐車場」をご利用下さい.

 内容:チョウの生態写真・チョウの保全に関するパネル・スライドショー
ほか
     
ミニ講演会も予定しており、詳細が決まり次第お知らせします。

2015.3.18 庭のチョウ類調査のサイトがオープンしました

 日本チョウ類保全協会では、2013年から「庭のチョウ類調査」を実施して います。もっとも身近な環境である庭でのチョウの調査を通して、自然環境の全国的な変化をとらえることが主目的ですが、同時に調査を通して自然への関心が高まり、様々な変化に気づく「たくさんの目」を養う取り組みでもあります。
 これまでは、調査を紙に記録して郵送する形で行ってきましたが、より気軽にご参加いただけるよう、このたび、インターネット上で参加できるウェブサイトをオープンしました。このサイトでは、調査への参加や結果の報告のほか、全体の調査結果についても、参加者がリアルタイムで参照できるようになっています。
 自然界を多くの目で調べることにより、全国的な動向をつかむことができます。チョウという身近な生きものから、自然環境の変化をとらえることで、より大きな生物多様性の保全へとつなげていきたいと考えています。
 庭のチョウ類調査では、調べる時間や回数は自由です。ぜひお気軽にご参加ください。多くのみなさまのご参加をお待ちしています。


 ⇒    庭のチョウサイトへ

  • 2012.4当協会編集のチョウのフィールド図鑑が4月24日に発刊されました

 4月24日に誠文堂新光社より「フィールドガイド 日本のチョウ」が発刊されました。
 この本は、チョウの観察をこれから始める方々を対象とした本で、種類や♂♀の識別をわかりやすく解説したものです。
 野外での生態写真を元にした図鑑です。
 3年間のプロジェクトで、会員の方々を中心に写真につきまして、多くの方にご協力をいただきました。
 下記のバナーより、ご購入をお願いいたします。